スポンサードリンク


コーヒーを飲んだ後の口臭対策


コーヒーって飲んだ後、結構つよい口臭が残りませんか?

コーヒーが口臭の原因だから、コーヒーを人と会う前には極力飲まないという方法もありますが、コーヒーを飲んでも口臭を予防し、気にならないような良い口臭対策はないのでしょうか?


ひとつの対策法としては、コーヒーを飲む時は水も一緒に用意しておくことです。

コーヒーを飲んだ後、すぐに水を口に含んで、舌の表面を口内でこするように動かしてください。

舌の表面にコーヒー粉の残留物や砂糖、ミルクなどが残らないことがポイントです。


コーヒーによる口臭対策としては歯磨きはあまり効果的ではありません。

コーヒーの後で歯みがきをすると口臭の予防に良いのではないか?と思いがちです。

しかし歯磨きすると歯はキレイになりますが、舌の表面はどうでしょう?


コーヒータイム後の口臭の元は舌の表面に多く付着しているので、どちらかといえばハミガキではなく、舌の掃除をしたほうが効果的です。

舌苔(ぜったい)を取るときと同様で、舌は非常にデリケートなので、ゴシゴシこするのは厳禁です、絶対止めてください。

タンクリーナーとしてブラシ型や、舌ベラ型などありますが、やさしくタオルなどで拭くような感じでもOKです。

これなら舌苔用の清掃道具などがなくても外出先で代用品も用意できそうですね。

posted by 口臭対策室長 at 20:19 | 口臭予防の方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コーヒーを飲むと口臭が出る


コーヒーを飲んだ後、口臭が強くなるのを感じたことはありませんか?

コーヒーで口臭が発生するなんて、ビックリですね。

でもコーヒーを飲むと口臭が強くなるのは事実です。

どうしてコーヒーを飲むと口臭がするようになるかというと、コーヒーには焙煎された褐色のコーヒー豆の微粒子がたくさん入っています。

この豆の微粒子が舌の表面を構成する舌乳頭に付着しやすい(残りやすい)んですね。

また、コーヒーを飲むことで著しく口内のペーハー(pH)値を低下(酸化)させ、口臭を引き起こしやすい環境になるそうです。

更に飲みすぎは唾液分泌量を抑制し、口臭の元となる細菌の増殖を促進します。

コーヒーは、酸味と渋み(深み)が特徴ですが、酸味は口腔内のpH低下を引き起こし、渋みは唾液分泌量を抑制(減らす)します。

多くの人がコーヒーにミルクや砂糖を入れるので、これらも一緒に舌表面に残留します。

唾液の量が少ないと飲んだ直後は、コーヒーのよい香りが残っていますが、しばらくすると舌に残ったコーヒーの焦げ臭い焙煎成分とミルクや砂糖の分解による臭気が混じって特有の口臭を引き起こしやすくなるんですね。

ただし、コーヒー特有の口臭は時間が経つと自然に治っていく口臭です。

舌表面の残留成分がなくなり、口の中のペーハー(pH)が唾液によって元通りになれば、自然に臭くなくなります。

posted by 口臭対策室長 at 22:45 | 口臭について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

健康時のマスクで自分の息が臭いとき


一昔前ではマスクを着用するときといえば、風邪をひいていたりして健康を害っている状態のときだけでした。

しかし最近では、健康なときでもマスクをしている(インフルエンザ予防や老人ホーム内など、そして変わったところではANAの北米路線ではCAまでもが着用義務化だとか・・・)場合が多くなっています。

そのような場合、身体は健康なので呼吸は当然鼻呼吸になっています。

鼻呼吸=肺からの息ですね?

健康時のマスクで生臭いなどの口臭を感じるときは、まず自分が無意識のうちに口呼吸になっていないか確認しましょう。

口呼吸になっているのであれば、いくらマスクをしているといっても口の中が乾燥気味になって、雑菌が増殖し、口臭の原因に直結してしまっています。


しかし鼻呼吸しかしていないのであれば、肺からの息が臭いということになります。

人間は呼吸時に肺でガス交換を行っていますが、簡単に言うと体内での毒素処理などがうまく出来ていないと、血液中に臭いの元となる物質が溢れている状態になります。

すると、肺で呼吸時のガス交換する際に臭いの元が呼気中に混じり、鼻や口から排出されてしまうことになるのです。

この場合は、つまり身体のどこかが病気になっているということもありますし、ひどい便秘症という場合でも同様の症状が起こり、口臭が発生します

posted by 口臭対策室長 at 22:41 | 病気による口臭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マスクをしているとき口臭がくさい


口臭が気になるときの口臭遮断方法としてマスクを着用すると、物理的に口臭が相手まで届きにくくなりそうですね、これも口臭対策のひとつです。

しかし逆にマスクをしているときだけ嫌なニオイを感じる、ということはありませんか?

マスクをしているときに臭いのは何パターンかあります。

 1.本当に口臭がある
 2.唾液のにおい
 3.マスク自体のにおい

マスクをしている状態で息を吐いてみましょう。

そしてすぐに鼻で吸ってみると生臭いにおいがしますか?

その場合であれば、口臭があるかもしれませんね。

口臭が発生しているときなら、吐いた口臭もマスクで一旦保持してしまうので、感じやすいのでしょう。

次の唾液の臭いですが、これは誰でも臭うことがあります。

唾液を手につけてこすったあと、くさくないですか?

けれども唾液の臭いはあまり気にしない方が良いでしょう。

最近では使い捨てマスクが主流だと思います。

マスク自体の臭いというものは絶対あるので、湿気や唾液と混じるとどうしてもそれなりのにおいになりやすいようです。

風邪をひいているときなどもマスクをしていると思いますが、鼻づまりなどで口呼吸になっていると、それだけで口臭が出やすい状態ですし、唾液の臭いも混じりやすいので、そんなときはあまり神経質にならないほうが良いと思います。

タグ:口臭 マスク
posted by 口臭対策室長 at 22:36 | 口臭対策について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

口臭対策サプリメントで体質改善


口臭対策は、匂いの原因を無くすことですが、実は口臭や体臭といった臭いでは体質というキーワードも見逃せないものとなります。


身体から出る「におい」の種類は、口臭、体臭をはじめ、便臭、ワキガ、汗臭さ、加齢臭、老人臭など本当に種類豊富で様々です。

これらは体質改善することで、ニオイの元を消すことができるといいます。

口臭の対策では、食生活や生活習慣を根本から見直すことも重要ですが、サプリメントで体質改善することも一つの方法です。

たとえば、乳酸菌が使われている口臭サプリメントを使い続けることで、便秘解消にもつながります。

自分の気になる臭いの消臭によさそうな、Shunax(シュー ナックス)にも含まれているフィトンチッドの効果は身体をリフレッシュさせるだけでなく、抗菌、防虫、消臭といった様々な働きがあり、フィトンチッドをうまく利用することで日常生活を健康的で豊かなものにしてくれるそうです。

口臭サプリメントで口臭だけじゃなく、体臭(加齢臭)、便臭などのあらゆる臭いを体の内側からケアできるとなれば凄いことですね!

飲むだけで口臭改善できて、体内浄化的な二次効果もありそうなんてすごいです。

 消臭(ニオイでごまかすのではなく)を優先したい
 体臭を気にしている
 トイレが必ずくさい方
 オナラのニオイが気になる
 汗のにおいが気になる
 加齢臭対策
 老人臭対策

などサプリメントの効能・うたい文句も様々です。

サプリメントで100%臭い匂いが消えたり、体調不良がすぐ改善するというものではないのですが、口臭サプリメントを選ぶ際の基準に「体質改善」というものも入れてみるのもいいですね。

posted by 口臭対策室長 at 22:31 | 口臭対策について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

口臭チェックの方法


口臭チェックの方法は大きく2種類。

ひとつは、人間の嗅覚による感覚(主観性)をもとにチェック&確認する方法。

もうひとつが、ガスクロマトグラフィーや半導体ガスセンサーという測定装置を用いる機械的測定法です。


誰でもできるのが、吐いた息を他の人にニオイを嗅いでもらう方法。

他人に自分の臭いを嗅いでもらうのも、他人の口臭を自分が嗅ぐのもあまり好んでやりたくないですね?

しかも臭いの尺度は個人差があるので口臭の有無の感覚も嗅ぐ人によって違ってくるのが欠点、デメリットです。


病院では、医師が臭いを嗅ぎますが、息を止めた口の中の匂いと、吐く息の匂いの両方を医師が臭いを嗅いで口臭の診断をしているようです。

測定機械を使う方法では、ガスクロマトグラフィーや半導体ガスセンサーが用いられていますが、ガスクロマトグラフィーは高価なので、一般開業医ではなかなか使いにくいようです。

半導体ガスセンサーであれば、一般的な口臭測定機器として普及しています。

口腔内の揮発性硫黄化合物(硫化水素、メチルメルカブタン、ジメルサルファイドなどの混合物)の匂いを測定します。

反面、揮発性硫黄化合物以外のにおいは検知できないということ。

タバコ臭やニンニクのにおいが強くても測定結果には反映されないのです。

posted by 口臭対策室長 at 22:26 | 口臭の確認(チェック)方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

口臭予防にサプリメントは効くの?


口臭対策と予防に、手軽なサプリメントを普段から使用、服用されている方は多いと思います。

反面、どんなサプリメントを買えばよいのか分からないし、ついついサプリメントを飲むのを忘れてしまう、なんて人もたくさんいらっしゃるでしょう。

実際、お店で見てもたくさん種類がありすぎて、どれを買っていいのか分からないくらいです。

本当に自分に合ったものが欲しいし、効果もあるのかないのか違いもよく分からないですね?

できれば、自分の口臭の症状に合ったサプリメントを選びたいものです。

しかし、サプリメントはあくまで補助。

それで口臭が治ってしまうものではないことを忘れてはいけません。

一時的に口臭を緩和させるもととして使う分には問題ないと思います。

さて、サプリメントを選ぶときの基準は人それぞれだと思いますが、信頼性の高い方法は最終的には「口コミ」ではないでしょうか?

通販サイトなどでは、通常より安く購入できるメリットもあるし、口臭サプリメントのクチコミも必ずといっていいほどのっています。

信頼性の面では販売サイトではなく、第三者的なサイトのほうが信頼できそうです。

多くのクチコミがあれば安心できるし、何より効果が高いと判断できそうです。


ドラッグストアであれば、店員さんにアドバイスを求めることも出来ます。

いろいろ試して、自分に合った購入方法を選びましょう。

posted by 口臭対策室長 at 22:19 | 口臭の治療・改善の方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

口臭の原因物質を消す


いやな臭いの口臭の口臭対策には、口臭の原因物質を除去(消す)することが何よりも先決な課題となります。


口臭の原因物質とは、一般的に「揮発性硫黄化合物(きはつせいいおうかごうぶつ)」と呼ばれる嫌気性菌が主なものです。

嫌気性菌は、酸素が少なくなるほど活発に活動しますが、活動中に口臭の原因の揮発性硫黄化合物を作り出します。

これは、唾液の分泌が低下して、お口の中が乾燥した状態、つまり酸素が少ない状態で起こりやすくなります。

口内が乾燥してネバネバしてきたら要注意です。

口内が乾燥させないためには口呼吸に注意しましょう。

唾液には口内をきれいにする「自浄作用」があります。

唾液の分泌量が低下すると前述のような状態になり、嫌気性菌が活動増殖して口臭が出てきやすい状態となります。

寝起きのときも同様な状態となりやすいのですが、このときの口臭は生理的口臭と呼ばれるもので、時間と共になくなります。

また食事やうがいなどでも解消されるのであまり気にしなくても良いでしょう。


問題は、やはり口呼吸による口腔内の乾燥です。

もしも鼻などが悪く、鼻呼吸がしにくいことで口を開けてしまっているのであれば、すぐに耳鼻科での治療を開始しましょう。

原因がはっきりしている場合の口臭対策は効果がすぐに表れます。

posted by 口臭対策室長 at 22:11 | 口臭対策について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

舌をキレイにして口臭解消


口臭に悩み、口臭対策を始めようとしているあなた。

少し待ってください。

今、どんな口臭対策を考えていますか?


口臭対策の基本は、歯磨きだからといって(正しいのですが)一生懸命歯みがきに力を入れているのに、なかなか口臭が解消されない、どうして?と思っている方は舌に注目してみましょう。

確かに口臭対策の基本は、口腔内をキレイにして清潔を保つことです。

歯みがきはかなり重要ポイントなのですが、実は舌の表面には意外と汚れが集まることがあります。

歯みがきが終わったら、自分の舌を鏡でよ〜く見てみましょう。

舌の表面に、白っぽい物がついていませんか?それが舌苔(ぜったい)です。

舌苔とは、細菌や食べかす、粘膜が剥離し、剥がれ落ちたものや、白血球の集まりです。

この舌苔(ぜったい)は、口臭の要因としてのかなりの割合を占めるそうです。

歯を磨いたあとで、一緒に舌も磨き、舌苔を除去することは口臭対策に効果的です。

ただし、舌を磨くといってもゴシゴシすると簡単に舌が傷つきます。

専用のブラシが市販されていますし、なければタオルなどを利用して、優しく丁寧に拭き取る感じで磨くようにしましょう。

舌はとてもデリケートな器官なので、磨き過ぎには注意するようにして下さい。

口臭対策で気をつけたいのが舌苔(ぜったい)の除去と言えますね?

posted by 口臭対策室長 at 15:13 | 口臭対策について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

口臭対策の基本


口臭対策をする上での基本事項についておさらいしてみましょう。

口臭の大多数、ほぼ大半の口臭が口の中に原因があると言われます。

内臓疾患(内臓の病気など)でも口臭に発展する場合もありますが、少数派(1割未満と言われています)なので、ここでは口の中の口臭対策を中心に話を進めていきます。


口臭の対策と予防の基本は、口内を清潔に保つこと」、これに尽きると言っても過言ではありません。

口の中をキレイに清潔にし、口内細菌から発生する揮発性ガス(揮発性硫黄化合物)を防ぐことが先決です。

つまり、口臭対策の基本とは、歯磨きが中心とも言えるのです。

しかし、単純にただ歯磨きの回数を多くして一生懸命やみくもに磨けば良いというものではありません。


口臭対策のためには、正しい歯磨きの仕方をマスターすること。

一日に一回程度は徹底した歯磨きをするのが理想です。

できれば歯間ブラシや糸ようじ等を使い、歯垢がたまらないように注意していきます。

「正しいはみがき」と言っても、普段から日常的に行っている動作ですが、結構自己流の、あまり良くないやり方をしているものです。

可能であれば、歯医者さんで指導してもらうのが良いでしょう、今までの歯磨き方法は何だったんだ?と思えるかもしれません。

posted by 口臭対策室長 at 15:10 | 口臭対策について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。