スポンサードリンク


突然の口臭や体臭の原因とは


朝起きたときに何だか口から出る息が臭くて口臭がある、なんてことありませんか?

ある日突然、ニオイが気になる。

気のせいか体臭もあって、いつもと違う匂いが漂ってくるような…。


そんなとき、前日に食べたものをよく思い出してみてください。

ニンニク系や臭いの強い食事をしませんでしたか?
もしも、にんにく系などの食事が思い当たる場合は、消化の際に出てくる臭いと思って間違いないと思います。

ラーメン、中華料理など、結構にんにくが使われていたりします。

口臭の原因は、にんにくが消化されるときにでる臭い物質ですが、くさい臭い物質は血液と一緒に全身を巡ります。

当然血液は肺にも供給されるのですが、人間が呼吸するときに行われるガス交換(酸素と二酸化炭素を入れ替える)で、実は臭い物質も呼吸の中に混じるために、公衆となってしまうのですね。


口臭対策としては、にんにくを食べた直後までに対策を講じることが必要なのです。

ニンニク料理の場合は、食前から食後までの間に、りんごを食べるとか、牛乳を飲むなどは有名なところでしょうか?

消化吸収されてしまったあとに口臭対策をしても、臭いの性質上あまり効果が望めないことは分かると思います。

しかし強烈に匂っていても、あくまでも一時的なものなので時間と共になくなっていく口臭&体臭ではあるのですが・・・。

posted by 口臭対策室長 at 16:09 | 臭いの原因 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おやつで口臭対策をする


「おやつ」を食べると口臭対策になるというのをご存知でしょうか?


実は、食事の3時間後くらいに口臭が一気に増加することがわかっています。

つまり、朝食後の3時間後と、昼食後の3時間後が、一日のうちでは口臭がピークになるという計算ですね?

この時間というのは10時と3時のおやつタイムです。

この時間に「おやつ」を食べることで、口臭を防ぐのです。

ところで、「おやつ」つまり飲食をすることで、なぜ口臭対策になるのでしょうか?

口臭の原因のひとつに、口の中に唾液がない状態、口の中の渇きが原因で口臭が発生するということが知られています。

しかし、飲食を行う=唾液の分泌だったり、飲料を飲むことで、口の中の乾きが解消されたりします。

噛めば噛むほど唾液の分泌を促すことが出来きますし、立派な口臭予防になります。

”おやつ”は、子供の口臭対策にもってこいです、子供も喜びますし(汗)。。。

大人であれば、おやつを食べなくても、お茶やコーヒーを飲むだけで口臭が消えることもあるくらいです。

お口の中の乾きを解消させることは、口臭には効果があるのです。

3時間置きに軽い食事をとると、口臭対策になってしまうのですね。

10時と3時、昔から伝わる賢い生活の知恵とでもいうのでしょうか?

昔の人々は自然と口臭対策をしていたのでは?と思わされますね。

タグ:おやつ 唾液
posted by 口臭対策室長 at 22:05 | 子供(赤ちゃんや幼児)の口臭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

口臭チェッカーを使って目で確認する

口臭の確認には、手で口を覆って息を吐いてニオイを嗅いでみたり、コップに吐息を吹き込んで匂いを判断したりと主観的な判定方法はよく知られています。

しかし、他人ではどう感じるのか?なんて疑問に思ったことありませんでしたか?

そこで、口臭測定器(口臭チェッカーブレスチェッカー)の登場です。

口臭測定器なんていうと凄そうなんですが、息を吹きかけるだけで口臭の強さを4または6段階位で表示、おまけに携帯に便利なポケットサイズというものが普通に市販されています。

価格もお手頃な数千円程度なので、口臭が気になるけど歯医者さんへ行くほどでも…、なんて時は良いかも知れません。


女性は特に気にしている方も多く、口臭対策用のスプレーやタブレット系、ガムなどがたくさん売られているくらいに、いまは口臭に対する意識が高くなっていますね?

口臭の一番の原因とされている、メチルメルカプタンや硫化水素などの成分を検知して、悪臭のレベルを知らせてくれます。

歯科医での口臭測定器の結果は医療機器なので、より正確ですが自分の口臭の目安を知る程度であれば、十分に使え、役立つ商品と言えるでしょう。

タニタのブレスチェッカーが有名どころでしょうか、小型なのでカバンに忍ばせても全く気にならないです。

posted by 口臭対策室長 at 21:36 | 口臭の確認(チェック)方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬猫の口臭対策として


犬や猫は元々、口臭があるものとして考えていたほうが良いくらいで、全く口臭のないペットはいないのではないでしょうか?

しかし、あまりにも臭い口臭であれば、何らかの健康異常も考えられるので、口臭対策というよりは、健康維持のための施策という位置付けでも良いかもしれません。

人間でも、口臭の原因のほとんど(85%〜90%)は、口腔内で発生していると言われています。

他の動物でも同じことが言えます。

人間と同様、口腔内(お口の中)の口臭の原因は、歯垢、歯肉炎、歯周病などの疾患や食べ物のカス、食べカスなどが主な原因です。

本当は食後の歯みがきを習慣付けることが理想的ですが、既に育っている場合はなかなか難しいですね。


歯磨きの習慣は、仔犬、仔猫の時期につけるとよいでしょう。

人間で言う「幼稚園」程の年齢であれば食後〜はみがきへという躾(しつけ)が可能です。

しかし残念なことですが、歯磨きがどれだけうまく出来たとしても、歯石や歯垢を完全に除去することは出来ず、あくまでも「つきにくくする」だけなのです。

実は、日常の「はみがき(プラーク・コントロール)」に加えて、処方食や歯科用チュウなど口腔衛生のトータルケアが必要なのです。

最近では、処方食あるいは歯科用チュウを与えた方が歯の表面に付着するプラークや歯石を減らすのに効果的であることが分っているそうです。

posted by 口臭対策室長 at 10:23 | 口臭について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬の口臭対策用には歯みがきガムを


犬にも人間同様に口臭があり、飼い主は何か良い口臭対策はないものかと探している方が多いようですね。

元々、犬や猫などの動物は人間よりも強い口臭を持っているものなので、あまり気にする必要もないそうなのですが、よほどの強い口臭の場合は心配になりますね。


人間と同じものを食べているだけで異臭が発生、つまり本来の(自然の)食事とは異なるので、うまく処理できない感じです。

ウチはドッグフードなのに・・・、と思われるかも知れませんが現実はそうでなく、やはり口臭が出て困っていますよね?

まぁ原因について、あれこれ言っていてもしょうがないので、犬猫などの具体的な口臭対策について話を移しましょう。


犬や猫などの口臭対策には、基本的には飼い主が歯ブラシやガーゼなどで普段から歯のケアを行ってあげるのが一番理想的です。

しかし、そうも行かなかったりペット自体が口を触られるのを嫌がるパターンも。

そんなときは歯みがきガムや、歯石予防効果のあるフードを与えてあげるのが簡単ではないでしょうか?

ペットショップなどでは、口臭対策として売られています。

ほかにも、口臭予防用のゼリーなどもありますが、直に磨いてあげるのが一番なことは確かなようですね。

posted by 口臭対策室長 at 10:20 | 口臭について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

胃腸のトラブルが口臭を招く


多量の、適量以上の飲酒では胃腸機能の低下を招き、口臭を発生させる原因にもなります。

反対のことを言えば、アルコールの摂取を控えること(適度な飲酒)が、口臭対策になるというのです。

多量のアルコールを飲酒することによって、胃腸の機能が低下することは誰でもすぐ分かると思いますが、適量以上のアルコールを摂取した場合、胃の粘膜がアルコールによってダメージを受けています。

つまり胃腸障害を引き起こすわけですが、これが口臭の発生につながっているそうです。


飲酒直後のアルコール自体の匂いが原因となっている口臭であれば、酔いが覚めていけば次第に匂いも薄れていくものですが、そうでない場合は胃腸のトラブルを疑ってみても良いのです。

ただし、飲酒による胃腸障害というのは、お酒を飲まなければ回復していくそうですので、口臭対策として有効と言えます。


また、飲酒後は喉の渇きを覚える人も多いと思います。

口の中の渇きは口臭につながります。

飲酒後そのまま寝てしまうというパターンは、より口の中の渇きを促進させることもあり得ますから、寝起き直後の生理的口臭は強烈になってくる可能性が高く、注意したほうが良いと思います。


お酒はほどほどにし、休肝日などを設定し、体調を崩さないことも口臭対策のひとつでしょう。

posted by 口臭対策室長 at 10:13 | 臭いの原因 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

口臭は舌をキレイにすると改善されやすい


口臭発生の主な原因を占める場所は口腔内(口の中)といわれます。

主な口臭のほとんど(約9割ほど)は、口の中に原因があると言われ、胃や肝臓などが悪くて内臓疾患が原因とされる口臭は、そんなに多くないのです。

口の中に原因があるといっても、簡単なハミガキ程度で除去できるものから、歯医者さんで治療が必要な病気(歯槽膿漏や歯周病も含まれます)まで様々です。


その中でも簡単に行える口臭対策で、舌のケア(メンテナンス)があります。

口臭対策として舌に生えている?苔を取り除くことはだれでもできる、簡単な口臭対策です。

舌の表面の、舌苔(ぜったい)と呼ばれるものを取り除けば、それだけで口臭が解消される場合もあるくらいです。

舌苔の取り方は簡単ですが、あまり強くこするなど間違った方法では逆効果になることもあるので注意は必要かと思います。

簡単なのはタオルでやさしく舌の表面をなでるようにすること。

舌専用のブラシ類や、タンクリーナーなどを使ってキレイにするのも良いです。

回数は、数回〜10数回程度に留めておくべきとの事。

もし毎日掃除したいのなら、1日につき1回にしておくべきなのだそうです。

どの場合でも強くこすったり、やりすぎはかえって舌の表面を傷つけたりして逆効果になりかねません。

口臭対策のためにも、正しくオーラルケア(口部ケア)を行っていきましょう。

posted by 口臭対策室長 at 21:55 | 口臭対策について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

間違ったダイエットでは口臭がくさくなる


正しくダイエットをやらないと、口臭体臭に悩まされることが起きるかもしれません。

もちろん健康も害うことにもなりかねません。


ダイエットにありがちな食事制限ですが、必要以上に食事制限をかけてしまうと口臭(ダイエット臭)が発生する原因になります。

一般に「ダイエット臭」の原因は、極端なカロリー制限や炭水化物抜き等による、間違ったダイエットをしていることが考えられます。

過度な食事制限などのダイエットでは、体内のエネルギー源である炭水化物やたんぱく質が不足することになりますが、そうなると身体は身を守るために体内に貯蔵している中性脂肪を燃焼しようとします。

このとき、中性脂肪は匂いを放つ脂肪酸に変化するのです。


脂肪酸が汗とともに体外に排出されるとき臭いを発します。

そのときの臭いは汗臭さを強くしたような感じの匂いです。


また脂肪臭だけでなく、同時に体内では疲労物質である乳酸が生成され、アンモニア臭も発するようになります。

さらに、空腹のまま脂肪を燃焼し続けると、脂肪酸はケトン体という物質を生成します。

ケトン体は臭いが強く、口から甘酸っぱい匂いが発せられるのです。


ケトン臭は別名「飢餓臭」とも言われるそうで、極端な食事制限をするようなダイエットを続けていると、ニオイはますます強くなっていきます。

口臭体臭がするようなダイエットは、間違ったダイエット方法です。

身体が必要としている栄養素をしっかり摂り、正しく減量ダイエットを実施していれば体臭口臭が出てくることはないそうですが、このダイエット臭に気付かずに無理なダイエットを続けていると、やめても「ダイエット臭」だけが残ることもあるそうです、気をつけましょう。

posted by 口臭対策室長 at 20:21 | 口臭について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にんにく臭い口臭には「りんご」で対策を


「にんにく」による口臭は翌日になって口がくさいことに気付いてもなかなか解消するのは難しいんですね。

理由は、「にんにく」にはアリインとアリナーゼという成分が含まれており、食事のときの咀嚼時(潰したり切ったりすることなど)に合成され、アリシンという物質に変化します。

このアリシンという成分が体内で分解されて、アリルメルカプタンという成分に変化することで、体内から発生するものだからです。

つまりニンニク臭は、時間をかけてやらないと解消されない種類の口臭ということです。


しかしニンニク臭は、ニンニクを食べたらすぐに(ここ大事)、りんごを食べることで抑えることが出来ます。


アリシンがニンニクの口臭の原因なので、体内に吸収される前にりんごのポリフェノールと反応させれば良いのです。

にんにくの口臭には、特にりんごの皮の部分にポリフェノールが多く含まれているので皮ごと生で食べるのが一番望ましいと言われます。


りんごは、にんにくの口臭には特に効果的なのですが、時と場合によっては、りんごが手に入りにくく、口臭対策が難しいときもあるでしょう。


りんご以外にも、にんにくの口臭に効果的な食べ物もあります。

まずは、「酢」です。

酢をうがいして飲むと効果が期待できるそうですが普通の人は抵抗があると思います。

他に挙げると、緑茶やコーヒーのタンニンの成分が有効なので、豆や茶葉をそのままかじるといいそうですが、りんごよりも手に入りにくそうです(苦笑)。

そのほかの、にんにくの口臭対策で知られているのは、牛乳です。

牛乳は、胃の中で悪臭の元(アリシン)をアミノ酸と結びつかせてしまい、口臭対策できます。

ほかの口臭対策としては、ニンニク料理用のサプリメントも試してみるのも良いでしょう。


posted by 口臭対策室長 at 13:55 | 口臭予防の方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にんにく料理、食後の口臭対策ヒント


にんにく料理の食後の口臭って翌日になっても残っていますよね?

にんにくによる口臭は、単に口の中に食べ物のカスなどが残って出ている口臭とは違って、一度胃や腸で消化吸収された、ニンニクのアリシンという成分が分解されて、アリルメルカプタンという成分に変化し、血液をとおして、肺を経由して呼気として息に混じって出てくるタイプです。

つまり、発生源が体内からという種類の口臭です。

そのため、ハミガキやマウスウォッシュ、口臭対策のガムなどでも簡単に除去できないんですね。

口臭の原因はニンニクの臭み成分と分かっているので、時間と共に消えていく一過性の口臭なのですが、やはり口臭対策はしておきたいものです。

ここでは、牛乳が威力を発揮します。

牛乳は胃の中で、悪臭の元のたんぱく質を脂肪の膜で包み込みます(牛乳のアミノ酸がニンニクのアリシンと結びつくのです)。

ただし、にんにくが消化されてからでは遅いので、飲むタイミングとしては、食後がベストでしょう。

次いで食事中が良いのではないかと思います。

食前でもダメということはありませんが、食事中か食後のほうが口臭対策としては理にかなっています。


サプリメントを使うのであれば、ブレスケアなどの胃まで届いて匂いの元から消してくれるタイプを選びましょう。

にんにく料理のあとには、消化吸収される前に、牛乳かサプリメントを飲むことが大事です。

posted by 口臭対策室長 at 19:28 | 口臭予防の方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。