スポンサードリンク


TOP> 病気による口臭

口臭の本当の原因は…


口臭は口の中が汚いから起こる、胃が悪いから口が臭いなんて思っていませんか?


確かに口の中に雑菌が増殖していたり、においの強い食べ物を食べて起こる口臭もあります。

ほとんどの原因は口の中(口腔内)にあると思っていいのですが、中には病気が原因で口臭が発生している場合もあり、全体の割合でも口臭の約1割は全身的な病気が原因だとも言われています。

全身的な病気とは、

”呼吸器系”

  化膿性気管支炎

  気管支拡張症

  肺膿腫

  肺破疸

  肺がん

”耳鼻咽喉”系

  慢性鼻炎

  副鼻腔炎(蓄膿症)

  慢性扁桃腺炎

  咽喉頭がん

”消化器”系

  食道憩室

  食道狭窄

  慢性胃拡張症

  胃炎

  胃潰瘍

  胃下垂

  胃がん

”代謝系”

  糖尿病

  尿毒症

  肝硬変

  慢性肝炎

以上


代謝の異常や病原菌が原因で特定の物質が増えたり、組織が破壊されて匂いを持つ成分が作られることで、口臭が出てくるのです。


血液や尿の中にはアセトンという物質が含まれますが、糖尿病患者では代謝の異常によりアセトンが増加し、肺でのガス交換時(呼吸時)に息にアセトンが混じることで甘ずっぱいアセトン臭と呼ばれる口臭が発生するのです。

口臭の原因がはっきりしている病気による口臭発生では、該当の疾患を治療することが口臭対策になりますが、それよりも疾病を治すことは健康を守る上では最重要といえるのではないでしょうか?

posted by 口臭対策室長 at 15:21 | 病気による口臭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

代謝性疾患は口臭を伴なう


口臭が気になって、口臭対策として歯磨きを丁寧に、虫歯治療、歯肉炎や歯槽膿漏のチェックを歯科医院で念入りに・・・。

と色々な口臭対策を行っても、ちっとも改善されないときは、病気による口臭を疑ってみたほうがいい場合もあるようです。


そのなかでも、糖尿病や肝性昏睡、尿毒症などの代謝性の疾患がある病気は、代謝の異常によって、それぞれの病気によって特有のにおい(口臭)を発生することがあり、代謝性臭気症と呼ばれます。


糖尿病の患者さんの口臭は、アセトン臭、ケトン臭と呼ばれる口臭がします。

これは代謝の異常でアセトン(血液や尿の中に微量含まれている有機化合物のこと)が増加してしまうために起こります。

アセトン臭は甘酸っぱく、りんごが腐ったような臭いがすることが特徴です。

ちなみに、糖尿病は歯周病を悪化させますし、歯周病も糖尿病を悪化させますので、どちらも治さないといけません。


肝性昏睡では「ねずみ臭」、尿毒症では「アンモニア臭」、といったように代謝性疾患というのは病状によって、固有の臭いを放つのです。

病気なのですから、代謝性疾患を治すことで発生している口臭は防げます。


代謝性疾患は治療に時間がかかりますが、運動をしたり健康な食生活をすることで、改善していける場合もあるようです。

医師の指導の下で根気よく代謝を助ける栄養のある食べ物を摂ることも大切でしょう。

posted by 口臭対策室長 at 17:24 | 病気による口臭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

病気によって口臭のにおいは変わる



病気が口臭の原因になっている場合もあります。


当然、対象の疾病を治すことが口臭対策になるのですが、一般に知られている代表的な公衆のにおいを挙げておきます。


「卵が腐ったような匂い(硫黄の臭い)」

消化不良が原因で起こる口臭です。

食物が胃腸で発酵してしまって臭いが発生している状態で、胃や十二指腸の機能が正常に働いていない可能性が疑われます。


「カビ臭い」

かび臭に似た口臭は、肝臓系の疾患を患っているときに起こることがあります。

肝臓で分解できなかった老廃物などが血液中に流れ、呼吸時に肺で呼気に臭いと共に混じることで起こります。


「発酵したリンゴのような臭い(甘酸っぱい臭い)」

糖尿病の疑いがもたれます。

体内に糖質が異常に存在している可能性があります。

糖質が、分解・排出できていない場合に起こりやすい口臭です。


「肉が腐ったような臭い」

歯肉炎、歯槽膿漏といった口腔内疾患や、蓄膿症、鼻炎、気管支炎など、耳鼻咽喉科系や気管系の病気があるときに引き起こされる口臭です。

患部が炎症を起こし、腐敗している状態で起こりやすくなるようです。


「アンモニアのような臭い」

腎臓系疾患がある場合に起こる口臭です。

体内の不要な水分を排出しきれていない時に起こりやすい口臭です。

副腎や膀胱、尿道に異常がある状態で発生しやすいようです。


病気によって、特徴的な臭いを放つことがあるので、もしも心当たりがある、当てはまるようならば、病院での受診と治療をおこなうことが口臭対策となることもあるんですね。

posted by 口臭対策室長 at 20:48 | 病気による口臭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

口臭の原因は病気だった


口臭には誰にでも発生する仕方のない口臭(生理的口臭)と、そうではない口臭(病的口臭)があります。

生理的口臭には朝の寝起きのときなどに発生する口臭などがあり、これは生活している以上仕方の無いものですが、歯磨きや、うがい、食事を摂ったり、ガムをかんだりすることで、時間の経過と共に自然となくなるので心配いりません。



生理的口臭とは違い、口臭の原因が病気の場合は、口臭の原因となっている病気を治さない限り口臭が発生し続けるでしょう。

ですから、口臭の発生原因別に口臭対策をとることが望ましいのです。

病気が原因といっても口臭を引き起こす病気はたくさんあって、どこに原因があるのか分からない、ということもあり得ます。

しかし、病気によって口臭が引き起こされている場合であれば、生理的口臭とは匂いが全く異なるものになることが多いので、嗅ぎ分けることで原因の特定の判断材料になるそうです。

口の中であれば、虫歯なのか、歯周病などの病気なのか?、または体内の内臓疾患にしても、どの部分か?などで臭いが違うのです。

ですから病院では、自分の臭いを確認してもらい、どこに病気の原因があるのか調べていくことになるんですね。

ただ、比率的には内臓疾患である確立は低く、10%未満という統計があります。


そのほかの多くの場合で、口臭の原因は口の中にあるそうです。

口臭対策は原因が分かった上での病気の治療がメインとなるはずです。

posted by 口臭対策室長 at 21:12 | 病気による口臭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

病気が原因の口臭を解消するには


普通に口臭が出ていて悩んでいる、そんなときに限って原因を特定することは、なかなか簡単ではありません。

約9割以上を占める口腔内の口臭原因は1つだけではないことが多く、いくつかの原因が重なり合って生まれている口臭かも知れないということで、口臭対策には時間がかかることもよくあることです。

その点、口臭の原因が病気による疾患が原因であれば、その原因の病気を治療するだけで口臭が解消されるのです。

といっても、自分の口臭が体内の疾患が原因であるとは分かりにくいようなのですが…。

代謝性臭気症というのも病的口臭のひとつですが、代謝性疾患とは、糖尿病や肝性昏睡、尿毒症などの代謝性の疾患がある病気のことを言います。

糖尿病では、アセトン臭、ケトン臭と呼ばれるにおいを発します。

また、肝性昏睡では、ねずみ臭、尿毒症では、アンモニア臭が発生します。

代謝性疾患になると病気の種類によって、それぞれ違う様々な臭いを発するそうです。


このように身体の異常によって、口臭が発生するのは仕方のないことです。

しかし、代謝性疾患を治療してしまえば、これらの口臭は防げるのです。

代謝に異常があるので運動をしたり健康な食生活をしたりすることで、この代謝性疾患は改善していくことができるようです。

また、代謝を助ける栄養のある食べ物を摂ることも大切です。

つまりは、生活習慣の改善を行うということになります。

代謝性疾患は治療に時間がかかりますし、それぞれの治療にあった食生活をすることが重要だといいます。

病気が治れば、自然と口臭も無くなるのではないですか?

posted by 口臭対策室長 at 20:18 | 病気による口臭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

口臭対策で、とても重要なこと


口臭対策にとって、「唾液」はとても重要なキーワードといえます。


自分に口臭があると言われて気分が良い人はいないと思いますが、そもそも口臭の原因はなんでしょうか?

身体のどこかに、悪いところがあって病気が原因となっていると思っている人も少なくないようですが、本当に内臓疾患などの病気が原因の口臭は、全体の1割にも満たないと言います。


口臭の発生源のほとんどが実は口腔内、つまり口の中にあるのです。

内臓疾患による口臭の場合は、糖尿病にかかっているときの腐ったりんごの臭いだとか、肝臓の病気のときのネズミの臭いだとか、ある特定の臭いとして表現されるものがあります。


実際には、口の中に原因がある場合の口臭がほとんどということになるのですが、突き詰めていくと口臭の原因は唾液にあると言われることがあります。


口の中が渇けば、今までは唾液によって口腔内がキレイに洗浄されていたのが出来なくなるので、雑菌などが繁殖し口臭になっていくのです。

そして鼻づまりというのも口呼吸を誘発し、口腔内の渇きを同様に誘いますので、口臭発生の引き金になります。


病気が原因の口臭も、その多くは嘔吐や下痢、あるいは薬の投与による副作用と言われています。

また、胃腸機能の低下やストレスも原因で、ゆくゆくの結果として口腔内に「乾き」を生じさせるそうです。

当然口の中の「渇き」は口臭発生の主要因となり得ます。


posted by 口臭対策室長 at 12:53 | 病気による口臭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

内臓の臭いが口臭になるのか?


内臓疾患で口臭が発生している場合もあるようです。

ただし、内臓の匂いが口臭として口から出てきて匂っているわけでは無い事に注意してください。

よく、「胃が悪いと口臭が出る」とか言われていますが、胃と食道の境目は普段から、しっかりと蓋がしまっています。

噴門部と呼ばれ、飲食を行うとき以外は括約筋で強く塞がれているので、胃の内部の臭いが口から直接出て行くことはありません。

消化器系疾患である、食道がん、または胃ガンなどが原因で口臭が発生するのは、実は稀な例だと思っても良いようです。

胃炎、胃潰瘍、胃下垂などの胃の病気が原因で口臭が発生することは、無いと思っていても大丈夫なくらいだそうです。


しかし、耳鼻咽喉科系の病気の副鼻腔炎や扁桃腺、ほかに気管支炎などの呼吸器系の病気や、肝臓・腎臓、糖尿病、尿毒症の病気などが原因で口臭が発生することはあるようです。

体内の病気によって口臭が発生している症例では、匂いは胃から直接出ているのではなく、血液を通し、全身を巡って肺まで運ばれて、肺から呼吸の際に排出されるタイプの口臭になります。

つまり、病気が元で口臭が出ている場合は、通常の口臭対策だけではなく、医師の診断の下に正しい治療も必要となってくるのです。


posted by 口臭対策室長 at 20:04 | 病気による口臭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

肝臓の病気と口臭について


口臭の発生原因のほとんどは口腔内(口の中)にある」と言われています。

口の中をキレイにし、歯周病や歯槽膿漏などあれば治療するだけで、実際にほとんどの口臭は解消できるでしょう。


しかし、中には内臓疾患が原因で口臭が出ている場合もあるので、注意が必要です。

例えば肝臓も口臭発生に関係しています。

病気による口臭のことを、病的口臭と呼びます。

肝臓の働きが正常であれば、体内の「におい物質」は肝臓で分解、解毒されてしまって、体外へ口臭などの臭いとして流出してしまうことは普通ないんです。


肝臓の機能は40歳台あたりから徐々に悪くなりはじめるといわれます。

加齢による衰え以外に、ウイルス感染による肝炎や過剰なアルコール摂取、暴飲暴食、慢性肝炎などで肝臓の働きが落ちてくると、分解しきれない「匂い物質」が血液中に溢れ、肺から呼気を伝って口臭となり、汗などから体臭となってあらわれます。


原因が肝臓疾患のときの口臭のにおいを例えると「ネズミ臭」といわれ、口の中が苦くなるという特徴があります。

さらに重症になると、カビ臭や玉子が腐ったような腐卵臭や、ニンニクの混ざったにおいがすると言われています。

歯みがきや舌苔の手入れは万全で、口臭対策バッチリなのに、なぜか口臭が出るという人は内臓を疑ってみましょう。

posted by 口臭対策室長 at 12:53 | 病気による口臭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

口臭対策(智歯周囲炎の治療)


智歯周囲炎(ちししゅういえん)などの歯科的病気が元で口臭になっている場合は、治療することでくさい口臭を解決することができます。

智歯というのは親知らずのことで、この親知らずの周囲が細菌の感染によって炎症を起こす病気です。


症状の現れ方としては、歯ぐきの周囲が発赤して腫れて、押さえると痛みます。

そのうち、次第に歯ぐきから膿(うみ)が出てくるようになり、口が開きにくくなり、つばを飲み込むとのどの入口が痛みます。

さらに進むと、口がほとんど開かず、あごの下や頬がはれてくるようになります。

この時点で適切な処置をしないと、骨膜炎(こつまくえん)や蜂窩織炎(ほうかしきえん)を継発するので放置はしないようにしましょう。

智歯周囲炎を治療するには、歯ぐきの周りを洗浄し清潔にし、抗菌薬を投与、腫れと痛みに対して抗炎症薬を投与します。

膿がたまっていれば切開しなくてはいけません。

最後に症状がなくなった後で原因となる歯を抜歯します。


口臭の原因となる疾病(ここでは智歯周囲炎)を治療することで、口臭を解消できます。

口臭の原因のほとんどは口の中にあると言われますが、はみがきなどで解消できるレベルから治療を必要とする段階まで様々です。


口臭を解消するのに治療が必要ならば、口臭対策のひとつとして、歯科医での検診などは有効な手段と言えるでしょう。


posted by 口臭対策室長 at 13:41 | 病気による口臭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

虫歯治療は口臭対策に最適


口臭に悩むひとは、一度虫歯のチェックをして見ましょう。

実は、虫歯がある人は口臭もある人がほとんどなのです。


口臭は、口の中の汚れから発生していることが一番多く、口の中をキレイにするだけで大半の口臭が除去されていきます。

簡単な口臭対策は、歯をキチンと隅々までハミガキすること。

歯間の食べカスはもちろんですし、歯垢をキチンと落とすことが大事です。


ところが虫歯があると事態は一変してしまいます。

虫歯による口臭はとても臭いということで知られています。

虫歯は、口腔内に常在している細菌が歯垢と結合することによって繁殖する際に出す酸が原因で発生します。

酸は歯を溶かし、穴を開けますが、この穴に食べかすなどが詰まり、そこからまた細菌が繁殖するという悪循環に陥ります。

口腔内の細菌は繁殖すると強い匂いを出すようになり、口臭となりやすくなります。

また、虫歯自体からも悪臭が発せられるようになるので、二重に強い口臭が排出されるようになるというメカニズムです。

歯周病や歯槽膿漏も同様に口臭がでやすくなる口の中の病気です。

虫歯や歯周病、歯槽膿漏などによる口臭のことを病的口臭といい、寝起きなどに一時的に口臭が強くなる現象(生理的口臭といいます)とは区別されています。


時々でいいのですが、自分が虫歯になっていないか、口臭予防のためにも歯医者さんで点検をしてくると良いと思います。

虫歯の治療は、口臭対策の大事な一環ですよ。

posted by 口臭対策室長 at 14:13 | 病気による口臭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。