スポンサードリンク


TOP> 口臭の確認(チェック)方法

オキシドールで口臭が確認できる


口臭があるか無いかは、自分自身ではなかなか気付きにくく、人から指摘されて初めて自分の口臭を自覚しなければならないことが大半ではないでしょうか?

自分の口臭の確認方法があれば便利ですよね?

コップを使う方法や、小さめのビニール袋を使う方法が一般的に知られています。

コップやビニール袋の中に自分の息を吐き込んで、そのニオイを確認する方法です。

ビニール袋の場合は袋自体の匂いがあるので、注意しなければなりません。


変わったところでは、オキシドールで口臭の有無を確認する方法があります。


オキシドールとは過酸化水素のことで、殺菌力があり傷口の消毒として用いられます。

オキシドールは副作用や毒性がなく、口腔内の洗浄や殺菌に使用されているそうです。

もし間違って飲んでしまっても大丈夫とのこと、意外でしたか?


やり方は、水で2倍程度に薄めたオキシドールでうがいをした後、吐き出したオキシドールの気泡を見ます。

吐き出したオキシドール液に気泡が多い場合は、口臭の元となる食べカスなどが残っていて発生するもので、口臭が出ている可能性を示しています。

もしも気泡が多かったら、歯磨きを徹底的に丁寧に行ったのち、オキシドールを用いて殺菌すると口臭予防に効果的だそうですよ。

泡が少ない場合は気にしなくても良いでしょう。

また、時々自分の口からくさいと感じるのは、おそらく一時的に口臭が発生していると推測できます。

日常的に常時発生している臭いというのは、嗅覚的には感じないはずだからです。

posted by 口臭対策室長 at 15:13 | 口臭の確認(チェック)方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自分の口臭をチェックする方法


口臭は自分では気付きにくく、いつの間にか周りに迷惑をかけていることがあるものです。

自分で確認する方法があれば、いつでもしたいところですね?

コップを使って自分のニオイを確認する方法もありますが、いまいち口臭が出ているのかどうか、匂いが強いのかどうかが分かりにくいときもあります。

めやすとしては以下のような症状に当てはまれば当てはまるほど、口臭が発生している可能性が高くなっていきます。

普段からセルフチェックをすることで、口臭が出やすい生活習慣かどうかの目安にもなります。

  1.ストレスを感じている

  2.歯磨きの時間が3分以下

  3.はみがきをしないことがある

  4.ハミガキのとき歯茎から出血しやすい

  5.虫歯がある

  6.歯並びが悪い

  7.歯石、歯垢(プラーク)が付着している

  8.舌がいつも白っぽい

  9.胃腸が弱い

 10.喫煙している

 11.いつも口の中が乾燥しているような気がする

 12.口の中がネバネバすることがある

 13.歯の間に食べ物がよく挟まる

 14.口が臭いと言われたことがある


どうでしたか?
たくさん当てはまれば、それだけ口臭が出ている確率が上昇します。

歯磨きや、歯科関係を改善することは、すぐに自分で出来ますね?

歯医者へ行くのは気がすすまないかもしれませんが、がんばりましょう。

posted by 口臭対策室長 at 21:03 | 口臭の確認(チェック)方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

口臭チェッカーを使って目で確認する

口臭の確認には、手で口を覆って息を吐いてニオイを嗅いでみたり、コップに吐息を吹き込んで匂いを判断したりと主観的な判定方法はよく知られています。

しかし、他人ではどう感じるのか?なんて疑問に思ったことありませんでしたか?

そこで、口臭測定器(口臭チェッカーブレスチェッカー)の登場です。

口臭測定器なんていうと凄そうなんですが、息を吹きかけるだけで口臭の強さを4または6段階位で表示、おまけに携帯に便利なポケットサイズというものが普通に市販されています。

価格もお手頃な数千円程度なので、口臭が気になるけど歯医者さんへ行くほどでも…、なんて時は良いかも知れません。


女性は特に気にしている方も多く、口臭対策用のスプレーやタブレット系、ガムなどがたくさん売られているくらいに、いまは口臭に対する意識が高くなっていますね?

口臭の一番の原因とされている、メチルメルカプタンや硫化水素などの成分を検知して、悪臭のレベルを知らせてくれます。

歯科医での口臭測定器の結果は医療機器なので、より正確ですが自分の口臭の目安を知る程度であれば、十分に使え、役立つ商品と言えるでしょう。

タニタのブレスチェッカーが有名どころでしょうか、小型なのでカバンに忍ばせても全く気にならないです。

posted by 口臭対策室長 at 21:36 | 口臭の確認(チェック)方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いくら歯磨きしても口臭が消えないのは?


自分の口臭が気になりますか?

口臭の発生原因は、ほぼ大半が、お口の中に原因があり、口臭に悩む全体の約9割以上とまで言われています。


口腔内の口臭発生原因というのは様々ですが、まず簡単に解消できそうなものは、食事のこり、つまり食べカスの処理です。

これは歯みがきすれば良いだけなので、お手軽な口臭対策です。

次いで、舌のケアや、口腔内の病気の治療を行うこと。

口内の病気というと大げさに聞えるかもしれませんが、皆さんご存知の歯槽膿漏や、歯周病がこれにあたります。

歯槽膿漏や歯周病は加齢と共に患者も増加傾向ですが、最近では若くてもなります。

小学生のうちからでも歯周病や歯槽膿漏ということも珍しくはないんですね!

治療にはやはり歯医者さんが一番です。

歯磨きをどれだけ丁寧にやっていても、口臭が解消されないときというのは、もしかしたら歯周病などになっているかもしれないので、治療とまでいかなくても検査だけでも歯科医を受診してみたらいかがでしょう?

ついでに、歯みがき指導をしてもらうと完璧です。

意外に磨き残しを指摘されますよ。

仮に、いくら歯みがきがキチンと出来ていても、歯槽膿漏などになっていては口臭はなかなか治まりません。

posted by 口臭対策室長 at 21:18 | 口臭の確認(チェック)方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

息が臭いときの原因は?


自分の息が臭いの、わかりますか?

息がくさいと思うとき、今まではなんともなかったのに、ある日突然自分の口臭が気になるほど匂うときは大抵、口臭が出ていることが多いんですね。

常習的に口臭が発生していれば自分ではなかなか気付きにくく、何かのきっかけで他人から指摘されて口臭に悩み始めるというパターンは多いかな?

色々な口臭チェック方法を探したり試したり・・・、トライ&エラーのくり返しで、自臭症になったり・・・。

と、話が脱線しました。


ところで、ある日、時々、自分の息が臭いときの原因は何でしょうか?

寝起き、空腹時などの誰でも起こる口臭は生理的口臭というもので、防ぎようがなく、うがい、ガム(食事)などで解消されますし、自然になくなっていく類の口臭ですので、気にしてもしょうがありません。


そうではない場合、口臭が口の中が臭いのか、それとも息そのもの、つまり肺からの呼気が臭いのかを特定することが大切です。

肺からの息が臭い場合、その前になにか臭い食べ物(にんにくやキムチなど)を食べていないかなどを思い出しましょう。

便秘が続いていても代謝の関係で、おなら臭などが肺のガス交換時に呼気として口から排出されて口臭と間違えることがありますよ。

口臭であれば、突然発生しているのであれば、この場合も何か直前の行動を思い出して、思い当たる原因を突き止めれば、口臭解消できるはずです。

posted by 口臭対策室長 at 17:08 | 口臭の確認(チェック)方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

口臭チェックの方法


口臭チェックの方法は大きく2種類。

ひとつは、人間の嗅覚による感覚(主観性)をもとにチェック&確認する方法。

もうひとつが、ガスクロマトグラフィーや半導体ガスセンサーという測定装置を用いる機械的測定法です。


誰でもできるのが、吐いた息を他の人にニオイを嗅いでもらう方法。

他人に自分の臭いを嗅いでもらうのも、他人の口臭を自分が嗅ぐのもあまり好んでやりたくないですね?

しかも臭いの尺度は個人差があるので口臭の有無の感覚も嗅ぐ人によって違ってくるのが欠点、デメリットです。


病院では、医師が臭いを嗅ぎますが、息を止めた口の中の匂いと、吐く息の匂いの両方を医師が臭いを嗅いで口臭の診断をしているようです。

測定機械を使う方法では、ガスクロマトグラフィーや半導体ガスセンサーが用いられていますが、ガスクロマトグラフィーは高価なので、一般開業医ではなかなか使いにくいようです。

半導体ガスセンサーであれば、一般的な口臭測定機器として普及しています。

口腔内の揮発性硫黄化合物(硫化水素、メチルメルカブタン、ジメルサルファイドなどの混合物)の匂いを測定します。

反面、揮発性硫黄化合物以外のにおいは検知できないということ。

タバコ臭やニンニクのにおいが強くても測定結果には反映されないのです。

posted by 口臭対策室長 at 22:26 | 口臭の確認(チェック)方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

胃腸が原因かどうかのチェック方法


口臭のほとんどの原因は口腔内(お口の中)にあります。

通常、口腔内の汚れが大半を占めます。

食べ物のカス、歯垢、歯石など。

そして口内の病気、歯周病や歯槽膿漏、虫歯は口臭の原因ですから、早めの対策が必要です。

放っておくと強烈な臭いを放つ口臭になっていくからです。

そしてまれに内臓の病気が元で口臭につながっている場合もあります。


その中に胃が悪くて口臭になっている状況かどうかを調べるチェック方法があります。

確認方法はとても簡単です。

もしかして自分が・・・、と心当たりがある人は試してみると良いと思います。

やり方は、ビニール袋に鼻息を吹き込んで臭いを嗅ぐ。これだけです。

鼻息というところがポイントです(普通に吐く息だと口を通るので切り分けが難しくなります、必ず鼻から吐き出しましょう)。

匂いを嗅いだとき、口からではなく鼻からの息が臭いということであれば、口ではなく吐く息自身に問題があるということがわかります。

胃などの内臓の疾患が口臭の原因になるというのはあります。

自分では口の中が原因だろうと思っていても、実際に調べてみたら疾病が原因だったということもあります。

口臭チェックをする時は、こういったことにも気をつけるようにしましょう。

posted by 口臭対策室長 at 13:12 | 口臭の確認(チェック)方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

口臭の原因を確認してみよう


口臭対策を考えるうえで、口臭の発生原因を突き止めることは非常に重要なことです。

対策というものは原因を消す作業とも言えるので、原因(ここでは口臭の原因)が分からないまま、適当な対策を行っても、うまくいくかどうか分からないので、口臭対策が失敗だったときの心理的ダメージは大きくなります。


口臭の原因はひとつではありません。

口臭の分類では、実際口臭がある場合を、真性口臭症。口臭は実際には「ない」のに本人が「ある」と思い込んでいる仮性口臭症(口臭恐怖症)に分かれています。

口臭にはさまざまな原因や病態があります。

真性口臭症は、何らかの原因がある病的口臭と、特に病的原因がない生理的口臭に分けられます。

自分に口臭があるのか、ないのかをチェックできたらいいですね?

色々な方法が世間に広まっていますが、一番簡単かつ費用のかからないやり方といえば、ガラスコップを使う方法ではないでしょうか?

できれば大きめのガラスコップを用意し、その中に自分の息を"はぁ〜っ"と吹き込んでから、すぐにコップの中のにおいを嗅ぐという方法です。

これならば、どこのご家庭にもひとつくらいはあるでしょうし、自分の手の中に息を吹き込む方法よりは正確にわかるということになります。

posted by 口臭対策室長 at 17:02 | 口臭の確認(チェック)方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

口臭が気になりすぎる自臭症とは


自分の口臭が気になって気になって仕方がないという人がいます。

口臭というのは、自分ではあまり気付きにくいものです。

他人の口臭なら、意外と簡単に分かるのですが、自分の口臭というのは本当に分かりにくいものなのです。

それにもかかわらず、自分の臭いが気になって仕方が無いというのは、ある種の病気になっているといってもいいのです。

事実、口臭が出ているわけではないのに、自分が強い口臭を出していると思い込んでいる、自臭症(じしゅうしょう)というものがあります。

自臭症(じしゅうしょう)とは周りの人から、くさいと思われているのではないか?と思い込む精神疾患のひとつです。

自己臭症(じこしゅうしょう)または自己臭恐怖症(じこしゅうきょうふしょう)とも呼ばれています。

自己錯覚ともいえるもので、嗅覚に幻覚が出るという表現があう幻嗅の一種です。

完璧主義者的な人などがなりやすいといわれていて、治療は主に面談での面接療法が用いられます。

実際に口臭(または体臭も含む)を発しているわけではないので、周囲の人に迷惑をかけているわけではない、と自覚させる精神的な治療がこの口臭対策の基本で、これから始めるようです。

口臭外来にいくのが本人的にはベストな選択肢でしょうが、実際は精神科(もしくは心療内科)での治療になるでしょう。

posted by 口臭対策室長 at 15:48 | 口臭の確認(チェック)方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

簡単な口臭の確認方法


口臭を確認するのに、あなたはどうやっていますか?

よく、手を口に当てて「はぁ〜」っと息を吐いて、すぐに匂いを嗅ぐ方法が口臭の確認方法として思い浮かびます。

手ではなくて、コップのほうが良いという意見もあります。

しかし臭いがどれだけ出ているのかはあくまでも主観性の問題です。


タバコ、コーヒー、にんにくなどの嗜好品を飲食したあとは、特に口臭が気になるものです。

妊婦さんも口臭がでやすいので、気にする女性は多いと思います。

しかし、口臭は自分では分かりにくく、人に聞くのも少し躊躇いますし、たとえ口臭があってくさくてもなかなか本当のことを言ってもらえないことも・・・。


息を吹きかけるとメチルメルカプタン等のガスに反応する口臭チェッカーという商品もあります。

これであれば、感性に頼らなくてもチェッカーというはっきりとした答えが出ることでしょう。

市販品、しかも値段の割りにはなかなかの精度ということなので、使ってみるのも面白いかもしれません。

コレ、息を吹きかけるのに結構勇気いります(笑)。


または、口臭外来などでの検査、または相談もお勧めです。

歯科医医師からの歯や口内の健康も踏まえたアドバイスは貴重な情報になります。

posted by 口臭対策室長 at 18:39 | 口臭の確認(チェック)方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。