スポンサードリンク


TOP> 口臭予防の方法

舌苔(ぜったい)対策で口臭予防


お口の匂い、口臭の原因のほとんどが舌苔(ぜったい)と呼ばれる、舌の表面に付く白いコケのようなもの(汚れ)と言われています。

舌の表面はザラザラしていますが、拡大してみると表面の凹凸の隙間に細菌が入りやすくなっていて、舌の汚れを細菌が腐らせることで臭いが発生しているのです。

歯磨きだけではなくて、舌のケアをすることで口臭を防ぐ有効な予防方法となります。


舌の掃除は専用の舌ブラシを用意したほうが効果的に除去できます。

鏡を見ながら舌の奥のほうから軽く力を入れ過ぎないように、そっと手前に引きます。

ブラシの先は常に水洗いして綺麗な状態にしながら何回か繰り返すと舌苔はキレイになっていくでしょう。

やりすぎも逆効果です。

一日一回、起床時だけでOKです、やりすぎは舌の粘膜を傷つける可能性もあるので注意しましょう。


また口臭の原因になってしまう舌苔は、ある果物を食べることで予防できそうです。

それはキウイ。

キウイには舌苔を分解するアクチニジンという成分が含まれていて、舌苔(ぜったい)の分解に一役かってくれるとか。

食べるときには薄切りにしたキウイを舌の上に30秒ほど乗せてから食べると舌苔(ぜったい)の分解に効果が期待できそうです。

そして、とにかく舌の掃除をいくらしても口臭がおさまらない時は、歯周病など他の原因を疑ってみたほうが良いかもしれません。

専門医(歯科医院)での検査、治療が必要かもしれませんね。

posted by 口臭対策室長 at 11:20 | 口臭予防の方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

食事で口臭予防する方法とは


口臭予防のポイントは、「唾液の分泌量を保つこと」だそうですね。


だ液の分泌量が少ないと、どうしても口臭が発生しやすくなってしまいます。

なぜなら、だ液というのは口臭の原因となっている口腔内(お口の中のことです)にいる細菌を洗い流してしまうという大事な作用もあるからです。

唾液が少なくなると洗い流されずにいる細菌が増殖して口臭が発生してしまいます。


口の中の乾燥が原因で発生してしまった口臭の解決策は、水を飲むこと。

口腔内の細菌は胃に届くと胃酸で死んでしまいます。

水の代わりに、お茶でも良いのですがコーヒーではあまり効果が望めません。

コーヒーは沸かしたてであれば良いかもしれませんが、時間が経つにつれて徐々に酸化し、特有の臭いを生じさせます。

コーヒーは口臭対策としては、あまりオススメできない飲料です。


また、よく噛むということは唾液の分泌量増加には効果が期待できます。

食事をするときには、30回は噛みましょうと言いますが、咀嚼回数を増やすだけでも唾液量は増加します、しっかり噛んで食べることも口臭対策としては正解とも言えるんですね。

ただ、出来れば噛み応えのある食べ物の方が良いです。

柔らかい食べ物は硬い食べ物に比べると唾液が出にくい、つまり柔らかい食事では噛む回数が少なくなったり、噛まずにそのまま飲み込んでしまうので唾液の分泌量は促進できないんですね。

その点でいうと、食べ物の中に、良く噛まないと飲み込まないような食材(アーモンドやナッツ類といった豆系など)を混ぜるという工夫も良いと思います。

posted by 口臭対策室長 at 17:45 | 口臭予防の方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

生理的口臭の予防ポイント


全ての人には必ず口臭があります。

ただ、そのときの口の中の状態によって口臭は強くなったり弱くなったりしています


その人の状態によって変化する口臭のことを一般に、生理的口臭と呼んでいます。

つまり生理的口臭は少しの口臭対策、ちょっとした工夫や心がけで簡単に防止したり、少なくしたりできる口臭です。


(生理的)口臭を予防するうえで大事なのが「だ液」です。

口腔内(口の中)が唾液で潤っていると生理的口臭を抑えることができるんですが、逆に唾液が少なく、口内が乾燥していると口臭の元となる細菌が増殖・繁殖して、口臭が発生してしまいます。


全ての人に共通する、口臭が発生しやすいタイミングというのが存在します。

その代表例が、起床時(寝起き)で目覚めた直後の口臭をモーニングブレスといい、朝の起きぬけの口臭は誰でも不快な口臭と感じます(本人でも感じ取れるでしょう)。

他には緊張したり、ストレスを感じているときも、お口の中が渇きがちな状態になり、口臭が発生しやすい環境ができています。

意外と見落としがちなのが、食前の口臭です。

昼食前や夕食前も口臭発生の絶好のタイミングと言えます。

人間は物をしばらく食べていないと唾液が少なくなる傾向にあり、口内が乾燥しやすくなり、口臭を発生しやすくなります。

食事をすることで、逆に口臭は防止できるということになりますね。

posted by 口臭対策室長 at 17:33 | 口臭予防の方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

だ液を増やして口臭予防する方法


口臭を予防するには唾液が十分にお口の中に潤っていることが良いということです。

しかし、だ液はストレスなどのちょっとしたことで、分泌量が減ってしまいがちです。

だ液は二十歳代では、一日約1.5リットル程度出ているそうですが、年齢と共にその量も減少します。

加齢と共にだ液をだす能力が衰退し、口の中が乾きやすくなるので口臭も出やすくなるのです。


だ液をたくさん出して口臭予防できれば良いのですが、実は簡単で費用もかからない方法がいくつかあります。

口臭予防には水を飲むことが効果的と言われますが、口の中が乾いたと思ったらまず、耳元の辺り、首の横を手でさすってみましょう。

実は、そこには唾液腺と呼ばれる器官があって、刺激することで唾液が分泌されます。


つまり擦るだけで、だ液が増えて口の中が潤って、口臭の原因となっている細菌をやっつけることで、口臭対策となるのです。


実は、この唾液をだすこと(さすってだ液腺を刺激すること)を積極的に行うことで機能の退化を防いでいつまでも若々しくというアンチエイジング効果も期待できるんだとか。。。

だ液には活性酸素を除去し、老化を抑える効果があるので、あながち本当のことかも知れませんね。

posted by 口臭対策室長 at 20:45 | 口臭予防の方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

だ液が口臭を予防する


人間関係を壊しかねない口臭、自分は大丈夫と言い切れますか?

他人の口臭って、すごく気になるんですけれど直接本人には言いにくいですよね?


人には指摘できないという方がほとんどだと思いますが、反対に考えると…。

実は、自分の口臭が他人に迷惑をかけているかもしれません。

口臭対策には口臭の予防方法を知ることが大事です。


では、効果的な口臭の予防方法ってあるんでしょうか?

口臭予防のポイントとなるのが「唾」、だ液です。

口腔内(口の中)が潤っているとが口臭が出にくい口内環境というのです。

つまり、だ液の分泌量というのが口臭対策では重要ポイントなんですね。


唾液は、ちょっとしたことで少なくなったり、分泌されなくなってしまいます。


例えば、「疲れている」など体調不良の時、「ストレスを感じている」、「緊張している」、「口呼吸をしている」、「薬の副作用」、「ビタミン剤の過度の摂取」、「よく噛まずに食事をする」、「加齢」などが唾液を少なくし、口臭を発生しやすくする原因と言われています。


しかし加齢による唾液腺という組織が萎縮して、唾液の分泌量が減ることは仕方が無いにしても、生活習慣的な口呼吸をすることは、口呼吸が癖になっている場合や、鼻炎で鼻が詰まっている場合や歯並びが悪いなどは努力して治すことで口臭の改善が期待できます。

posted by 口臭対策室長 at 10:00 | 口臭予防の方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にんにく臭い口臭には「りんご」で対策を


「にんにく」による口臭は翌日になって口がくさいことに気付いてもなかなか解消するのは難しいんですね。

理由は、「にんにく」にはアリインとアリナーゼという成分が含まれており、食事のときの咀嚼時(潰したり切ったりすることなど)に合成され、アリシンという物質に変化します。

このアリシンという成分が体内で分解されて、アリルメルカプタンという成分に変化することで、体内から発生するものだからです。

つまりニンニク臭は、時間をかけてやらないと解消されない種類の口臭ということです。


しかしニンニク臭は、ニンニクを食べたらすぐに(ここ大事)、りんごを食べることで抑えることが出来ます。


アリシンがニンニクの口臭の原因なので、体内に吸収される前にりんごのポリフェノールと反応させれば良いのです。

にんにくの口臭には、特にりんごの皮の部分にポリフェノールが多く含まれているので皮ごと生で食べるのが一番望ましいと言われます。


りんごは、にんにくの口臭には特に効果的なのですが、時と場合によっては、りんごが手に入りにくく、口臭対策が難しいときもあるでしょう。


りんご以外にも、にんにくの口臭に効果的な食べ物もあります。

まずは、「酢」です。

酢をうがいして飲むと効果が期待できるそうですが普通の人は抵抗があると思います。

他に挙げると、緑茶やコーヒーのタンニンの成分が有効なので、豆や茶葉をそのままかじるといいそうですが、りんごよりも手に入りにくそうです(苦笑)。

そのほかの、にんにくの口臭対策で知られているのは、牛乳です。

牛乳は、胃の中で悪臭の元(アリシン)をアミノ酸と結びつかせてしまい、口臭対策できます。

ほかの口臭対策としては、ニンニク料理用のサプリメントも試してみるのも良いでしょう。


posted by 口臭対策室長 at 13:55 | 口臭予防の方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にんにく料理、食後の口臭対策ヒント


にんにく料理の食後の口臭って翌日になっても残っていますよね?

にんにくによる口臭は、単に口の中に食べ物のカスなどが残って出ている口臭とは違って、一度胃や腸で消化吸収された、ニンニクのアリシンという成分が分解されて、アリルメルカプタンという成分に変化し、血液をとおして、肺を経由して呼気として息に混じって出てくるタイプです。

つまり、発生源が体内からという種類の口臭です。

そのため、ハミガキやマウスウォッシュ、口臭対策のガムなどでも簡単に除去できないんですね。

口臭の原因はニンニクの臭み成分と分かっているので、時間と共に消えていく一過性の口臭なのですが、やはり口臭対策はしておきたいものです。

ここでは、牛乳が威力を発揮します。

牛乳は胃の中で、悪臭の元のたんぱく質を脂肪の膜で包み込みます(牛乳のアミノ酸がニンニクのアリシンと結びつくのです)。

ただし、にんにくが消化されてからでは遅いので、飲むタイミングとしては、食後がベストでしょう。

次いで食事中が良いのではないかと思います。

食前でもダメということはありませんが、食事中か食後のほうが口臭対策としては理にかなっています。


サプリメントを使うのであれば、ブレスケアなどの胃まで届いて匂いの元から消してくれるタイプを選びましょう。

にんにく料理のあとには、消化吸収される前に、牛乳かサプリメントを飲むことが大事です。

posted by 口臭対策室長 at 19:28 | 口臭予防の方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

乳酸菌で口臭対策


乳酸菌の力を借りて口臭予防対策ができます。

しかし、普通のヨーグルトなどの乳酸菌では効果はないようです。


口臭予防に効果のあると言われている乳酸菌は「LS1」という乳酸菌です。

LS1は、健康なヒトの口腔内から分離された乳酸菌です。

これは元から健康な人のお口の中にいた細菌なのだそうです。

口腔内の悪玉菌である歯周病原菌を抑制し、口腔内細菌叢を正常化する善玉菌としての働きを持つといわれ、安全性と歯周病原細菌に対する有効性や口臭減少効果が認められており、プロバイオティクス(Probiotics)として用いられています。

LS1が、お口の中での活動度が高いという性質に注目され、歯周病に対する高い殺菌効果があることが分かってきました。

実験でも、LS1を添加して歯周病菌を培養したところ24時間後には、ほぼ死滅していたという結果が出ています。


生きた乳酸菌LS1の摂取方法としては、LS1含有の食品を食べることですが、口臭予防や改善と言う観点で見ると口腔内で長くとどまる事ができるタブレット状のものが良いと言われています。

今では、このLS1が含まれた錠剤があります。

毎食後に1錠、トローチのように舐めるだけ、1〜3ヶ月程続けていくと、口腔内の細菌層が変わってくるのだそうです。

もちろん、これを舐めていれば全てOKというわけではなく、ブラッシングなどの物理的な機械力によるコントロールも必須です。

つまり薬を飲むだけで口臭予防口臭改善が出来るという話ではないということですね。

posted by 口臭対策室長 at 20:00 | 口臭予防の方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ガムで口臭対策


ガムやタブレットで口臭対策するには、それなりにガムの種類を選ぶ必要があるようです。

ガムで、口臭を予防できるのは、ガムの香りなどで口臭をマスキング(より強い香りや臭いで他のにおいを消すことです)するのではありません。

それだったら、ガムなら何でも口臭対策ができてしまうということになります。


ガムは、噛むことで唾液の分泌が促進されます。

唾液が多く出ることで、口腔内の雑菌や匂いの元となっている汚れを洗い流す、洗浄効果が期待できるから、口臭が抑えられるようになるのです。

しかし、ガムの種類によっては口臭が増加することもあるので注意してください。

普通に売っているキシリトール入りのガムやタブレット類は蔗糖が入っていないので、ニオイを抑えてくれます。

キシリトールは分解されて、虫歯の原因の酸になりませんので、甘味料キシリトール100%ガムがおすすめです。

また、ミント系のガムではミントの消臭効果で口臭を消してくれると思われがちですが、それらのガムには一緒に蔗糖などの糖が入っているものが多いんですね。

すると、口の中に糖分が残り時間が経つにつれ口の中がネバネバしてきます。

このネバネバは唾液の量にも関係しますが、口臭の原因になってしまいます。

ガムなどで口臭対策するのであれば、キシリトール(甘み成分)入りで、ミント系、更に蔗糖なしのガムを選ぶと口臭予防に効きます。

posted by 口臭対策室長 at 17:03 | 口臭予防の方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サプリメント(ガム)で口臭予防する


口臭対策として口臭予防効果のあるサプリメントを常時利用している人も少なくないでしょう。

職場や学校などではTPOの制約上、口臭対策など予防のためにハミガキなどをしたくても出来ないことが多いです。

そのような場合、口臭予防効果のあるサプリメントガムなんかが役立ちます。

サプリ系では、ガムのほかに、タブレットやスプレータイプも手軽に利用できますね。


それぞれの注意点では、ガムであればキシリトール配合のものを選びます。

ガムやタブレットでは噛むことで唾液が分泌されるのを促進しますので、口臭の予防だけでなく、虫歯の予防にもなります。

スプレータイプは口にスプレーすることで一瞬で効果が出るメリットがある反面、一時的な予防策という位置付けなので、効果が長続きしにくいというのがデメリット、欠点でしょうか。

近頃のサプリメントは口臭だけではなく、体臭や尿、便臭までもを改善させてくれる商品もあるようです。

どんな薬、サプリメントもそうですが、口臭は消えることは消えますが、あくまでも一時しのぎ的なことをしているにすぎません。

口臭解消のためには基本的には健康的な食生活や生活習慣を心がけ、口内ケアをきちんと行っていくことが大切です。

posted by 口臭対策室長 at 14:49 | 口臭予防の方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。