スポンサードリンク


TOP> 口臭について

ペットの口臭対策について


犬や猫というペットの口臭が気になるときは、口臭対策が必要です。

人間と同様、犬や猫でも口臭の原因の大半が口腔内(おくちのなか)にあります。

子犬、子猫の時期に習慣付けれれば問題ないのですが、人と違いハミガキしなさいと言っても言葉が分かるわけではないので歯みがきの習慣をつけるのにも苦労しますね。

歯ブラシでのケアが難しいようであれば、軍手などをはめて擦ってあげるだけでも違います。

しかし、歯みがきだけでは、歯石や歯垢を付きにくくするだけです。

口臭の最大の敵、歯周病や歯肉炎は日頃のプラークコントロール(正しい歯磨きと、正しい食生活で、歯茎の健康を取り戻すこと)と処方食や歯科用チュウなどでの口腔衛生のトータルケアが必要です。

これらは歯の表面に付着するプラーク、歯石を減少させる効果があるようです。

歯周病や歯肉炎、虫歯などの口腔内疾患が進行し、口臭が気になりだすまで飼い主は口臭に気付かないことはとても多いのが現状でしょう。

特に歯周病は、「サイレント・アーミー(沈黙の病気)」とも呼ばれ、注意が必要なんですね。

痛みなどの自覚症状が出にくく、放置しておくと全身疾患を引き起こす可能性を秘めています。

しかし、口臭はお口の中だけではなく、身体の他の部分の異常が原因で起こることもあります。

糖尿病、尿毒症、鼻炎、副鼻腔炎, 肺がん、重度の腎疾患、胃腸疾患、外傷、開放骨折、感染症(細菌、真菌、ウイルス)、自己免疫疾患、好酸球性肉芽種症候群など、内臓疾患があり、気付きにくくなります。

ペットの健康状態を把握する上では、口臭のチェックはとても大切なこととなります。

ただ、犬や猫などのペットは口臭があっても当たり前だということを忘れないようにしましょう。

過度な口臭対策は、犬猫にとって苦痛になりかねません。


posted by 口臭対策室長 at 09:39 | 口臭について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

猫の口臭の主要因とは


ペットの口臭が気になりませんか?

猫などのペットにも口臭はあります。


猫の場合では、歯肉炎や歯周病が多いです。

特に、歯肉炎の発生率は犬に比べて多いと言われています。

その中でも屋外で生活している猫には歯肉炎を発症している猫が多いそうです。

1歳未満の若い猫が歯肉疾患にかかっていることは珍しくないようです。

猫の歯肉疾患の多くはウイルスが原因となっていて、ウイルスによってダメージを受けた歯肉に形成された歯周ポケットに細菌が蔓延することが主な原因とされています。


また、3〜4歳の成猫のおよそ85%の猫は歯周病になっているそうです。

10歳以上となると代謝性疾患と腎疾患が多くなってくるようです。

口腔内のプラークにおける細菌は腎臓を通じて除菌されますが、この時に細菌が腎臓からの排出に障害をもたらすと考えられています。

このことは、老齢猫に腎不全が高確率で発生することに影響を与えているかもしれません。


歯周病などの治療ですが、初期段階であればスケーリング処置(物理的にブラシなどで除去すること)で比較的簡単に済みますが、病期が進み、重度の歯周病になると抜歯処置が必要になることもあります。

抗生物質で治療することもあるようですが、動物病院でしっかりと根治させることが大事なようです。


posted by 口臭対策室長 at 09:34 | 口臭について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬猫の口臭対策として


犬や猫は元々、口臭があるものとして考えていたほうが良いくらいで、全く口臭のないペットはいないのではないでしょうか?

しかし、あまりにも臭い口臭であれば、何らかの健康異常も考えられるので、口臭対策というよりは、健康維持のための施策という位置付けでも良いかもしれません。

人間でも、口臭の原因のほとんど(85%〜90%)は、口腔内で発生していると言われています。

他の動物でも同じことが言えます。

人間と同様、口腔内(お口の中)の口臭の原因は、歯垢、歯肉炎、歯周病などの疾患や食べ物のカス、食べカスなどが主な原因です。

本当は食後の歯みがきを習慣付けることが理想的ですが、既に育っている場合はなかなか難しいですね。


歯磨きの習慣は、仔犬、仔猫の時期につけるとよいでしょう。

人間で言う「幼稚園」程の年齢であれば食後〜はみがきへという躾(しつけ)が可能です。

しかし残念なことですが、歯磨きがどれだけうまく出来たとしても、歯石や歯垢を完全に除去することは出来ず、あくまでも「つきにくくする」だけなのです。

実は、日常の「はみがき(プラーク・コントロール)」に加えて、処方食や歯科用チュウなど口腔衛生のトータルケアが必要なのです。

最近では、処方食あるいは歯科用チュウを与えた方が歯の表面に付着するプラークや歯石を減らすのに効果的であることが分っているそうです。

posted by 口臭対策室長 at 10:23 | 口臭について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬の口臭対策用には歯みがきガムを


犬にも人間同様に口臭があり、飼い主は何か良い口臭対策はないものかと探している方が多いようですね。

元々、犬や猫などの動物は人間よりも強い口臭を持っているものなので、あまり気にする必要もないそうなのですが、よほどの強い口臭の場合は心配になりますね。


人間と同じものを食べているだけで異臭が発生、つまり本来の(自然の)食事とは異なるので、うまく処理できない感じです。

ウチはドッグフードなのに・・・、と思われるかも知れませんが現実はそうでなく、やはり口臭が出て困っていますよね?

まぁ原因について、あれこれ言っていてもしょうがないので、犬猫などの具体的な口臭対策について話を移しましょう。


犬や猫などの口臭対策には、基本的には飼い主が歯ブラシやガーゼなどで普段から歯のケアを行ってあげるのが一番理想的です。

しかし、そうも行かなかったりペット自体が口を触られるのを嫌がるパターンも。

そんなときは歯みがきガムや、歯石予防効果のあるフードを与えてあげるのが簡単ではないでしょうか?

ペットショップなどでは、口臭対策として売られています。

ほかにも、口臭予防用のゼリーなどもありますが、直に磨いてあげるのが一番なことは確かなようですね。

posted by 口臭対策室長 at 10:20 | 口臭について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

間違ったダイエットでは口臭がくさくなる


正しくダイエットをやらないと、口臭体臭に悩まされることが起きるかもしれません。

もちろん健康も害うことにもなりかねません。


ダイエットにありがちな食事制限ですが、必要以上に食事制限をかけてしまうと口臭(ダイエット臭)が発生する原因になります。

一般に「ダイエット臭」の原因は、極端なカロリー制限や炭水化物抜き等による、間違ったダイエットをしていることが考えられます。

過度な食事制限などのダイエットでは、体内のエネルギー源である炭水化物やたんぱく質が不足することになりますが、そうなると身体は身を守るために体内に貯蔵している中性脂肪を燃焼しようとします。

このとき、中性脂肪は匂いを放つ脂肪酸に変化するのです。


脂肪酸が汗とともに体外に排出されるとき臭いを発します。

そのときの臭いは汗臭さを強くしたような感じの匂いです。


また脂肪臭だけでなく、同時に体内では疲労物質である乳酸が生成され、アンモニア臭も発するようになります。

さらに、空腹のまま脂肪を燃焼し続けると、脂肪酸はケトン体という物質を生成します。

ケトン体は臭いが強く、口から甘酸っぱい匂いが発せられるのです。


ケトン臭は別名「飢餓臭」とも言われるそうで、極端な食事制限をするようなダイエットを続けていると、ニオイはますます強くなっていきます。

口臭体臭がするようなダイエットは、間違ったダイエット方法です。

身体が必要としている栄養素をしっかり摂り、正しく減量ダイエットを実施していれば体臭口臭が出てくることはないそうですが、このダイエット臭に気付かずに無理なダイエットを続けていると、やめても「ダイエット臭」だけが残ることもあるそうです、気をつけましょう。

posted by 口臭対策室長 at 20:21 | 口臭について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

口臭に効果的な薬はあるのか


口臭に効く薬ってあるんでしょうか?

じつは、口臭の原因のほとんどが口の中にあります。

口の中の原因の内訳では汚れがトップで、ほかに細菌が増殖、繁殖していたり、口内に食べカスなどが残っていたりというもので、それ以外は虫歯や歯周病、歯槽膿漏といった病的な原因になります。

ほかには睡眠不足であったり、ストレスが原因の口臭もあります。


つまりは、口臭改善の特効薬的なものはなく、普段の生活習慣を改善したり、体質改善が主な口臭対策になってきます。

薬では口臭そのものを除去することは難しいのです。


ただし、一時的に口臭を除去してくれる薬はあります、サプリメントと良く似ています。

原因に合わせて購入しなければならないのですが、市販されています。

「サクフィール錠」は、口臭の臭い成分と結合し臭いを除去してくれて、結構即効性があり有名な薬です。

銅クロロフィリンナトリウムという成分が含まれていて、医薬品で市販で手軽に入手できます。


「シャピニオンエキス」は、腸内環境を整える事で口臭を防ぐ薬です。

薬というより、どちらかといえば健康食品に似ている感じです。

「アンチビオレー」は、歯のトラブルから起こっている口臭の予防に使用する薬で口内炎、歯茎の腫れ、歯茎の痛み、飲み物が歯にしみる、歯茎から血や膿が出る、口の中がネバネバする、という症状がみられた時に使用しますが、歯槽膿漏の前兆とも言えますので、歯槽膿漏に注意してください。

この薬で歯の治療をして口臭を防ぐというもので、1本の連続使用で症状がなくなると言われている強力な薬です。

「生葉液薬」は、歯槽膿漏の治療が目的の薬で歯槽膿漏が治れば、口臭の原因が解消されます。

歯茎に綿棒で直接塗ってしみこませて治していきます。

口臭の原因に応じて、いくつかの薬が市販で売られていますので自分に似た症状であれば薬も試す価値はあるとおもいます。


ちなみに一時的ですが、市販のうがい薬、マウスウォッシュも口臭予防には役に立ちます。

posted by 口臭対策室長 at 16:57 | 口臭について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

口臭予防のための生活習慣とは

口臭を予防するためには、正しい口内ケアと、健康的な食生活(生活習慣)をおくることが基本となります。


正しい口内ケアとは、正しいハミガキを行うことが大前提となりますが、案外正しい歯磨きは出来ていないものです。

たいていの歯医者さんは、虫歯や歯周病&歯槽膿漏などの治療目的でなくても、最近では歯磨き指導だけでも受け付けてくれます。

指導を受けると今までの自分のブラッシングは、かなり間違っていた、ということを感じるはずです。

食習慣では、アルカリ性の食品(カルシウムやカリウム、ナトリウムを多く含む緑黄色野菜や果物、豆類、海藻など)を多く摂ることが大切なこととなります。

そして、歯ごたえがある食材、繊維の多い食品でしっかりと噛むことを習慣化するようにしましょう。

噛むことで唾液の分泌を促されます。

口臭は唾液が少なくなれば、まず必ず発生するものとして気をつけたほうがよいものです。


糖分や塩分を控えるように、油は良質の植物油を使うようにし、香辛料など刺激物や匂いの強いものはさけます。

腹は八分目を心がけ、就寝3時間前には食事を終わらせます。

寝ている間は胃腸を休ませるようにするのです。

緑茶、ウーロン茶など、消臭効果のあるお茶を飲むようにします。

肉でも脂肪の多いものを食べた後はパイナップルなどが消臭効果が期待できるそうですし、ニンニクの臭いは牛乳を直後に飲むのが良いとか。

いずれも口臭対策と予防には昔から言われ続けられている民間療法です。


posted by 口臭対策室長 at 14:58 | 口臭について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

口臭対策には食生活の改善を


口臭と食生活の習慣って、なんだか関係ないような気がしませんか?

しかし、食生活が乱れると口臭が起こりやすくなるのは事実のようです。

毎日ファーストフードや、ジャンクフードばかり食べていたり、油の多い食べ物ばかり食べていると、食生活の習慣が偏ってしまいます。

偏った生活習慣は口臭や体臭の原因となるのです。

にんにくやニラ等の匂いの強い食べ物を食べたときに出る口臭は仕方がないもので、時間が経てば自然と口臭も解消されます。


食生活が偏ると、当然健康状態もあまりよくない状態になるものです。

健康状態が悪いときは唾液の分泌量が減る場合があり、これも口臭の原因になりかねません。

唾液の分泌が減ると口腔内が乾燥し、本来唾液によって浄化される細菌が増殖してしまい、口臭が発生してきます。

また、健康状態の悪化と共に身体の中に溜まっている毒素を体外へ排出しようとして体中の毛穴から匂いと共に出てくるのが体臭&口臭となります。

日常生活の悪化だけではなく単に体調が悪いときにも自分の口臭が気になるのは、こういった理由によるためです。


規則正しい生活習慣は自身の健康のためだけではなく、体臭や口臭予防対策にもとても有効なことだったのですね。

posted by 口臭対策室長 at 20:47 | 口臭について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コーヒーを飲むと口臭が出る


コーヒーを飲んだ後、口臭が強くなるのを感じたことはありませんか?

コーヒーで口臭が発生するなんて、ビックリですね。

でもコーヒーを飲むと口臭が強くなるのは事実です。

どうしてコーヒーを飲むと口臭がするようになるかというと、コーヒーには焙煎された褐色のコーヒー豆の微粒子がたくさん入っています。

この豆の微粒子が舌の表面を構成する舌乳頭に付着しやすい(残りやすい)んですね。

また、コーヒーを飲むことで著しく口内のペーハー(pH)値を低下(酸化)させ、口臭を引き起こしやすい環境になるそうです。

更に飲みすぎは唾液分泌量を抑制し、口臭の元となる細菌の増殖を促進します。

コーヒーは、酸味と渋み(深み)が特徴ですが、酸味は口腔内のpH低下を引き起こし、渋みは唾液分泌量を抑制(減らす)します。

多くの人がコーヒーにミルクや砂糖を入れるので、これらも一緒に舌表面に残留します。

唾液の量が少ないと飲んだ直後は、コーヒーのよい香りが残っていますが、しばらくすると舌に残ったコーヒーの焦げ臭い焙煎成分とミルクや砂糖の分解による臭気が混じって特有の口臭を引き起こしやすくなるんですね。

ただし、コーヒー特有の口臭は時間が経つと自然に治っていく口臭です。

舌表面の残留成分がなくなり、口の中のペーハー(pH)が唾液によって元通りになれば、自然に臭くなくなります。

posted by 口臭対策室長 at 22:45 | 口臭について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

病気による口臭


耳鼻科の病気で口臭に悩み始めるパターンもあります。

一般的な口臭の原因は口の中にありますが、口の中が問題ないのに、ひどい口臭が発生している場合は、鼻や喉の問題という例もあることを覚えておきましょう。

ただし、耳鼻科的要因の口臭は全体からみると割合(確率)は少ない部類になります。

例えば、副鼻腔炎(ふくびくうえん)。

副鼻腔に炎症がおきる病気で慢性の副鼻腔炎の通称、俗称は蓄膿症(ちくのうしょう)といいます。

ほかに扁桃腺炎(へんとうえん)など喉が原因の一般耳鼻科的問題などが耳鼻科の病気です。


なぜ耳鼻科関連の病気が口臭につながるかというと、蓄膿症の場合などは副鼻腔に膿がたまっていて、その膿の臭いが口から出ているという可能性も否定出来ないのですが、一般的に鼻が悪い場合は、自然と(無意識のうちに)口呼吸になっている場合が多いのです。


口呼吸を続けることで、通常ならば口の中が唾液で洗浄されているのが、口呼吸で常に外気にさらされ、乾燥気味に。

すると唾液の洗浄効果が期待できなくなり、口内に雑菌が繁殖しやすくなり、匂いの元が出来やすくなり結果、口臭となっている例が多いんですね。

この場合は耳鼻科の病気を治すことが口臭対策となります。


posted by 口臭対策室長 at 13:20 | 口臭について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。