スポンサードリンク


TOP 口臭予防の方法 >生理的口臭の予防ポイント

生理的口臭の予防ポイント


全ての人には必ず口臭があります。

ただ、そのときの口の中の状態によって口臭は強くなったり弱くなったりしています


その人の状態によって変化する口臭のことを一般に、生理的口臭と呼んでいます。

つまり生理的口臭は少しの口臭対策、ちょっとした工夫や心がけで簡単に防止したり、少なくしたりできる口臭です。


(生理的)口臭を予防するうえで大事なのが「だ液」です。

口腔内(口の中)が唾液で潤っていると生理的口臭を抑えることができるんですが、逆に唾液が少なく、口内が乾燥していると口臭の元となる細菌が増殖・繁殖して、口臭が発生してしまいます。


全ての人に共通する、口臭が発生しやすいタイミングというのが存在します。

その代表例が、起床時(寝起き)で目覚めた直後の口臭をモーニングブレスといい、朝の起きぬけの口臭は誰でも不快な口臭と感じます(本人でも感じ取れるでしょう)。

他には緊張したり、ストレスを感じているときも、お口の中が渇きがちな状態になり、口臭が発生しやすい環境ができています。

意外と見落としがちなのが、食前の口臭です。

昼食前や夕食前も口臭発生の絶好のタイミングと言えます。

人間は物をしばらく食べていないと唾液が少なくなる傾向にあり、口内が乾燥しやすくなり、口臭を発生しやすくなります。

食事をすることで、逆に口臭は防止できるということになりますね。

posted by 口臭対策室長 at 17:33 | 口臭予防の方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。