スポンサードリンク


TOP 病気による口臭 >口臭の本当の原因は…

口臭の本当の原因は…


口臭は口の中が汚いから起こる、胃が悪いから口が臭いなんて思っていませんか?


確かに口の中に雑菌が増殖していたり、においの強い食べ物を食べて起こる口臭もあります。

ほとんどの原因は口の中(口腔内)にあると思っていいのですが、中には病気が原因で口臭が発生している場合もあり、全体の割合でも口臭の約1割は全身的な病気が原因だとも言われています。

全身的な病気とは、

”呼吸器系”

  化膿性気管支炎

  気管支拡張症

  肺膿腫

  肺破疸

  肺がん

”耳鼻咽喉”系

  慢性鼻炎

  副鼻腔炎(蓄膿症)

  慢性扁桃腺炎

  咽喉頭がん

”消化器”系

  食道憩室

  食道狭窄

  慢性胃拡張症

  胃炎

  胃潰瘍

  胃下垂

  胃がん

”代謝系”

  糖尿病

  尿毒症

  肝硬変

  慢性肝炎

以上


代謝の異常や病原菌が原因で特定の物質が増えたり、組織が破壊されて匂いを持つ成分が作られることで、口臭が出てくるのです。


血液や尿の中にはアセトンという物質が含まれますが、糖尿病患者では代謝の異常によりアセトンが増加し、肺でのガス交換時(呼吸時)に息にアセトンが混じることで甘ずっぱいアセトン臭と呼ばれる口臭が発生するのです。

口臭の原因がはっきりしている病気による口臭発生では、該当の疾患を治療することが口臭対策になりますが、それよりも疾病を治すことは健康を守る上では最重要といえるのではないでしょうか?

posted by 口臭対策室長 at 15:21 | 病気による口臭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。