スポンサードリンク


TOP 病気による口臭 >代謝性疾患は口臭を伴なう

代謝性疾患は口臭を伴なう


口臭が気になって、口臭対策として歯磨きを丁寧に、虫歯治療、歯肉炎や歯槽膿漏のチェックを歯科医院で念入りに・・・。

と色々な口臭対策を行っても、ちっとも改善されないときは、病気による口臭を疑ってみたほうがいい場合もあるようです。


そのなかでも、糖尿病や肝性昏睡、尿毒症などの代謝性の疾患がある病気は、代謝の異常によって、それぞれの病気によって特有のにおい(口臭)を発生することがあり、代謝性臭気症と呼ばれます。


糖尿病の患者さんの口臭は、アセトン臭、ケトン臭と呼ばれる口臭がします。

これは代謝の異常でアセトン(血液や尿の中に微量含まれている有機化合物のこと)が増加してしまうために起こります。

アセトン臭は甘酸っぱく、りんごが腐ったような臭いがすることが特徴です。

ちなみに、糖尿病は歯周病を悪化させますし、歯周病も糖尿病を悪化させますので、どちらも治さないといけません。


肝性昏睡では「ねずみ臭」、尿毒症では「アンモニア臭」、といったように代謝性疾患というのは病状によって、固有の臭いを放つのです。

病気なのですから、代謝性疾患を治すことで発生している口臭は防げます。


代謝性疾患は治療に時間がかかりますが、運動をしたり健康な食生活をすることで、改善していける場合もあるようです。

医師の指導の下で根気よく代謝を助ける栄養のある食べ物を摂ることも大切でしょう。

posted by 口臭対策室長 at 17:24 | 病気による口臭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。