スポンサードリンク


TOP 臭いの原因 >寝起きの口臭を解決したい

寝起きの口臭を解決したい


口臭は起床時が最も強く、食事や歯磨きをすると弱くなります。

この寝起きの時が一番、口が臭いという現象の原因は唾液にあります。

就寝時には唾液の分泌が減少します。

起きている間は常に出ている唾液が、口の中の細菌や食べカスなどを常に洗い流してくれているのですが、寝ているときはそうではありません。

睡眠中の唾液が少ないときは、洗い流される量も減るので、口臭の元になる成分がより多く発生してしまうようです。


寝起きの口臭を解消するには、飲食や歯磨きなどが効果的なんですす。


ニンニク料理など、匂いの強い食事をした直後は食べ物自体の臭いが口から直接つよく匂うこともありますが、健康な人ならば普通の食事を摂ると口臭も弱まっていきます。

さらに歯磨きで、口臭の原因物質も減少しますので、口臭も弱まります。


食事の3時間後前後が最も口臭が強くなるというデーターもあり、空腹時にも口臭は強くなる傾向にあるとか。

逆に言えば、朝食を抜くことや、不規則な食生活は口臭を出やすくする原因になっているということです。

常に口臭がくさくて、なかなか良い口臭対策が見つからないときは、胃腸の具合を疑ってしまうこともあると思いますが、胃腸が悪いことが直接口臭の原因になることはマレです。

なぜなら、胃から食道への通り道は普段、括約筋で塞がれているので直接胃のニオイが体外へ出て行くことはないのです。

posted by 口臭対策室長 at 17:33 | 臭いの原因 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。