スポンサードリンク


TOP 口臭の治療・改善の方法 >その口臭、本当に臭いますか?

その口臭、本当に臭いますか?


口臭が出ていて周囲の人に迷惑をかけていると「思い込んでいる」場合というものがあります。


自分の口臭に悩んで口臭外来などを受診される患者さんのほとんどが、実際には口臭が無いといいます。


これは「自臭症(じしゅうしょう)」といわれる状態になっているのです。


口臭を気にし始めたきっかけが、「会話中に相手が鼻を手でおおった」「会話中に人が顔をしかめた」など、一見口臭がくさかったと思えばそうとも見える反応なのですが、直接他人に口臭を指摘されたわけではないのが特徴です。

口臭についてコマーシャルやインターネットなどでの情報が多すぎるため「自分も同じなのでは…?」と思えてしまうようです。

自分の口臭が臭い、治したい、など必要以上に気にし過ぎるあまりに、自分に本当に口臭があるかのように思えてしまう現代病とも言えます。


自臭症(じしゅうしょう)は周りから臭いと思われていると思い込む精神疾患です。

別名、自己臭症(じこしゅうしょう)、または自己臭恐怖症(じこしゅうきょうふしょう)とも呼ばれ、嗅覚に幻覚が出る幻嗅の一種です。

精神的な面に原因があるため、基本は精神科での面接療法となります。

いきなりで抵抗がある場合、気軽に歯科医院に相談するのも手ですよ。

posted by 口臭対策室長 at 21:09 | 口臭の治療・改善の方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。