スポンサードリンク


TOP 臭いの原因 >口臭に悩みはじめる年齢

口臭に悩みはじめる年齢


お口の中を口腔内といいますが、口臭の発生原因のぼぼ全部といっていいくらい(9割程)が口腔内が原因とされる口臭です。

なので口臭対策には主に口腔内を中心にすすめます。


唾液の分泌が少ない、または口呼吸をしている、耳鼻科的に問題がある、歯科的病気が発症しているなどが主な口臭発生の要因です。

このなかでも唾液の分泌量が少ないときには、まず間違いなく口臭が出ていませんか?

寝起きが良い例です。

朝、起床時に、お口の中がなんとなく臭いと感じたことは一度くらいあるでしょう。

これも唾液の分泌量が少ないためですが、起床時の口臭は生理的口臭と言って、誰でもあるタイプの口臭なのであまり気にしなくても良いのです。

しかし、耳鼻科的疾患または、呼吸器系の疾患のために口呼吸をするようになっているときは問題です。

唾液の分泌が少ないと、口腔内が乾いた状態になってバクテリアが活発に活動を始め、臭いの成分、つまり口臭が発生するようです。

更に口腔内の唾液の分泌量は、25歳くらいから減り始めるそうです。

その後、年齢を重ねる毎にどんどん少なくなっていくと言われています。

唾液の分泌量が減少すると、口の中が乾きやすい状況になってしまい、バクテリアが臭いの成分を発生させるため、口臭が起きやすい状態になるのです。

お肌の曲がり角ではありませんが、口臭がひどくなりやすくなる年齢が25歳以降ということになりますね。


posted by 口臭対策室長 at 08:01 | 臭いの原因 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。