スポンサードリンク


TOP 子供(赤ちゃんや幼児)の口臭 >3歳未満の口臭について

3歳未満の口臭について


子供なのに口臭が…。

最近、3歳にならない乳幼児の口臭に、悩みを持っている母親がすごく増えているようです。

子供の口臭に対して、お父さんやお母さん達が気にし過ぎている、ということもあるのでしょうが、少なからず大人の口臭と同じ症状をもつ乳幼児がいるということも事実なのです。


ではなぜ乳幼児に口臭が発生してしまうのでしょうか?

子供の口臭、幼児期の口臭の原因では、口呼吸が最も多いといいます。

今の子供たちには、口呼吸になっている子供が結構多いんですね。

口呼吸うになる原因として、鼻呼吸に重要な役割をつかさどる口輪筋(こうりんきん)の完成は、3歳頃といわれています。

以前は、お母さんのおっぱいを吸ったり、おしゃぶりを与えられていたりして、舌の機能が自然と鍛えられていましたが、今日では、おしゃぶりは歯並びに影響がある、不潔・不衛生などの理由で、子供に与えなくなっている母さんたちが多いようです。

そのために口輪筋(こうりんきん)の発達が未熟になり、口呼吸をするようになっているということのようです。

おしゃぶりをさせることが口臭予防につながるということは、昔ながらの知恵だったということも知らなかったわけですね。

子供の口臭の原因が口呼吸だと分かったら、早めに小児歯科、または小児科耳鼻科を受診し、口臭対策のために医師と相談するのが良いです。

早急に鼻呼吸に改善しておかないと、口臭は悪化するばかりか耳鼻科アレルギーやアトピーを引き起こす原因にもなりかねないといいます。

posted by 口臭対策室長 at 07:49 | 子供(赤ちゃんや幼児)の口臭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。