スポンサードリンク


TOP 子供(赤ちゃんや幼児)の口臭 >おやつで口臭対策をする

おやつで口臭対策をする


「おやつ」を食べると口臭対策になるというのをご存知でしょうか?


実は、食事の3時間後くらいに口臭が一気に増加することがわかっています。

つまり、朝食後の3時間後と、昼食後の3時間後が、一日のうちでは口臭がピークになるという計算ですね?

この時間というのは10時と3時のおやつタイムです。

この時間に「おやつ」を食べることで、口臭を防ぐのです。

ところで、「おやつ」つまり飲食をすることで、なぜ口臭対策になるのでしょうか?

口臭の原因のひとつに、口の中に唾液がない状態、口の中の渇きが原因で口臭が発生するということが知られています。

しかし、飲食を行う=唾液の分泌だったり、飲料を飲むことで、口の中の乾きが解消されたりします。

噛めば噛むほど唾液の分泌を促すことが出来きますし、立派な口臭予防になります。

”おやつ”は、子供の口臭対策にもってこいです、子供も喜びますし(汗)。。。

大人であれば、おやつを食べなくても、お茶やコーヒーを飲むだけで口臭が消えることもあるくらいです。

お口の中の乾きを解消させることは、口臭には効果があるのです。

3時間置きに軽い食事をとると、口臭対策になってしまうのですね。

10時と3時、昔から伝わる賢い生活の知恵とでもいうのでしょうか?

昔の人々は自然と口臭対策をしていたのでは?と思わされますね。

タグ:おやつ 唾液
posted by 口臭対策室長 at 22:05 | 子供(赤ちゃんや幼児)の口臭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。