スポンサードリンク


TOP 口臭対策について >口臭は舌をキレイにすると改善されやすい

口臭は舌をキレイにすると改善されやすい


口臭発生の主な原因を占める場所は口腔内(口の中)といわれます。

主な口臭のほとんど(約9割ほど)は、口の中に原因があると言われ、胃や肝臓などが悪くて内臓疾患が原因とされる口臭は、そんなに多くないのです。

口の中に原因があるといっても、簡単なハミガキ程度で除去できるものから、歯医者さんで治療が必要な病気(歯槽膿漏や歯周病も含まれます)まで様々です。


その中でも簡単に行える口臭対策で、舌のケア(メンテナンス)があります。

口臭対策として舌に生えている?苔を取り除くことはだれでもできる、簡単な口臭対策です。

舌の表面の、舌苔(ぜったい)と呼ばれるものを取り除けば、それだけで口臭が解消される場合もあるくらいです。

舌苔の取り方は簡単ですが、あまり強くこするなど間違った方法では逆効果になることもあるので注意は必要かと思います。

簡単なのはタオルでやさしく舌の表面をなでるようにすること。

舌専用のブラシ類や、タンクリーナーなどを使ってキレイにするのも良いです。

回数は、数回〜10数回程度に留めておくべきとの事。

もし毎日掃除したいのなら、1日につき1回にしておくべきなのだそうです。

どの場合でも強くこすったり、やりすぎはかえって舌の表面を傷つけたりして逆効果になりかねません。

口臭対策のためにも、正しくオーラルケア(口部ケア)を行っていきましょう。

posted by 口臭対策室長 at 21:55 | 口臭対策について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。