スポンサードリンク


TOP 口臭について >間違ったダイエットでは口臭がくさくなる

間違ったダイエットでは口臭がくさくなる


正しくダイエットをやらないと、口臭体臭に悩まされることが起きるかもしれません。

もちろん健康も害うことにもなりかねません。


ダイエットにありがちな食事制限ですが、必要以上に食事制限をかけてしまうと口臭(ダイエット臭)が発生する原因になります。

一般に「ダイエット臭」の原因は、極端なカロリー制限や炭水化物抜き等による、間違ったダイエットをしていることが考えられます。

過度な食事制限などのダイエットでは、体内のエネルギー源である炭水化物やたんぱく質が不足することになりますが、そうなると身体は身を守るために体内に貯蔵している中性脂肪を燃焼しようとします。

このとき、中性脂肪は匂いを放つ脂肪酸に変化するのです。


脂肪酸が汗とともに体外に排出されるとき臭いを発します。

そのときの臭いは汗臭さを強くしたような感じの匂いです。


また脂肪臭だけでなく、同時に体内では疲労物質である乳酸が生成され、アンモニア臭も発するようになります。

さらに、空腹のまま脂肪を燃焼し続けると、脂肪酸はケトン体という物質を生成します。

ケトン体は臭いが強く、口から甘酸っぱい匂いが発せられるのです。


ケトン臭は別名「飢餓臭」とも言われるそうで、極端な食事制限をするようなダイエットを続けていると、ニオイはますます強くなっていきます。

口臭体臭がするようなダイエットは、間違ったダイエット方法です。

身体が必要としている栄養素をしっかり摂り、正しく減量ダイエットを実施していれば体臭口臭が出てくることはないそうですが、このダイエット臭に気付かずに無理なダイエットを続けていると、やめても「ダイエット臭」だけが残ることもあるそうです、気をつけましょう。

posted by 口臭対策室長 at 20:21 | 口臭について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。