スポンサードリンク


TOP 口臭予防の方法 >乳酸菌で口臭対策

乳酸菌で口臭対策


乳酸菌の力を借りて口臭予防対策ができます。

しかし、普通のヨーグルトなどの乳酸菌では効果はないようです。


口臭予防に効果のあると言われている乳酸菌は「LS1」という乳酸菌です。

LS1は、健康なヒトの口腔内から分離された乳酸菌です。

これは元から健康な人のお口の中にいた細菌なのだそうです。

口腔内の悪玉菌である歯周病原菌を抑制し、口腔内細菌叢を正常化する善玉菌としての働きを持つといわれ、安全性と歯周病原細菌に対する有効性や口臭減少効果が認められており、プロバイオティクス(Probiotics)として用いられています。

LS1が、お口の中での活動度が高いという性質に注目され、歯周病に対する高い殺菌効果があることが分かってきました。

実験でも、LS1を添加して歯周病菌を培養したところ24時間後には、ほぼ死滅していたという結果が出ています。


生きた乳酸菌LS1の摂取方法としては、LS1含有の食品を食べることですが、口臭予防や改善と言う観点で見ると口腔内で長くとどまる事ができるタブレット状のものが良いと言われています。

今では、このLS1が含まれた錠剤があります。

毎食後に1錠、トローチのように舐めるだけ、1〜3ヶ月程続けていくと、口腔内の細菌層が変わってくるのだそうです。

もちろん、これを舐めていれば全てOKというわけではなく、ブラッシングなどの物理的な機械力によるコントロールも必須です。

つまり薬を飲むだけで口臭予防口臭改善が出来るという話ではないということですね。

posted by 口臭対策室長 at 20:00 | 口臭予防の方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。