スポンサードリンク


TOP 病気による口臭 >口臭対策(智歯周囲炎の治療)

口臭対策(智歯周囲炎の治療)


智歯周囲炎(ちししゅういえん)などの歯科的病気が元で口臭になっている場合は、治療することでくさい口臭を解決することができます。

智歯というのは親知らずのことで、この親知らずの周囲が細菌の感染によって炎症を起こす病気です。


症状の現れ方としては、歯ぐきの周囲が発赤して腫れて、押さえると痛みます。

そのうち、次第に歯ぐきから膿(うみ)が出てくるようになり、口が開きにくくなり、つばを飲み込むとのどの入口が痛みます。

さらに進むと、口がほとんど開かず、あごの下や頬がはれてくるようになります。

この時点で適切な処置をしないと、骨膜炎(こつまくえん)や蜂窩織炎(ほうかしきえん)を継発するので放置はしないようにしましょう。

智歯周囲炎を治療するには、歯ぐきの周りを洗浄し清潔にし、抗菌薬を投与、腫れと痛みに対して抗炎症薬を投与します。

膿がたまっていれば切開しなくてはいけません。

最後に症状がなくなった後で原因となる歯を抜歯します。


口臭の原因となる疾病(ここでは智歯周囲炎)を治療することで、口臭を解消できます。

口臭の原因のほとんどは口の中にあると言われますが、はみがきなどで解消できるレベルから治療を必要とする段階まで様々です。


口臭を解消するのに治療が必要ならば、口臭対策のひとつとして、歯科医での検診などは有効な手段と言えるでしょう。


posted by 口臭対策室長 at 13:41 | 病気による口臭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。