スポンサードリンク


TOP 口臭について >コーヒーを飲むと口臭が出る

コーヒーを飲むと口臭が出る


コーヒーを飲んだ後、口臭が強くなるのを感じたことはありませんか?

コーヒーで口臭が発生するなんて、ビックリですね。

でもコーヒーを飲むと口臭が強くなるのは事実です。

どうしてコーヒーを飲むと口臭がするようになるかというと、コーヒーには焙煎された褐色のコーヒー豆の微粒子がたくさん入っています。

この豆の微粒子が舌の表面を構成する舌乳頭に付着しやすい(残りやすい)んですね。

また、コーヒーを飲むことで著しく口内のペーハー(pH)値を低下(酸化)させ、口臭を引き起こしやすい環境になるそうです。

更に飲みすぎは唾液分泌量を抑制し、口臭の元となる細菌の増殖を促進します。

コーヒーは、酸味と渋み(深み)が特徴ですが、酸味は口腔内のpH低下を引き起こし、渋みは唾液分泌量を抑制(減らす)します。

多くの人がコーヒーにミルクや砂糖を入れるので、これらも一緒に舌表面に残留します。

唾液の量が少ないと飲んだ直後は、コーヒーのよい香りが残っていますが、しばらくすると舌に残ったコーヒーの焦げ臭い焙煎成分とミルクや砂糖の分解による臭気が混じって特有の口臭を引き起こしやすくなるんですね。

ただし、コーヒー特有の口臭は時間が経つと自然に治っていく口臭です。

舌表面の残留成分がなくなり、口の中のペーハー(pH)が唾液によって元通りになれば、自然に臭くなくなります。

posted by 口臭対策室長 at 22:45 | 口臭について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。