スポンサードリンク


TOP 口臭の確認(チェック)方法 >口臭が気になりすぎる自臭症とは

口臭が気になりすぎる自臭症とは


自分の口臭が気になって気になって仕方がないという人がいます。

口臭というのは、自分ではあまり気付きにくいものです。

他人の口臭なら、意外と簡単に分かるのですが、自分の口臭というのは本当に分かりにくいものなのです。

それにもかかわらず、自分の臭いが気になって仕方が無いというのは、ある種の病気になっているといってもいいのです。

事実、口臭が出ているわけではないのに、自分が強い口臭を出していると思い込んでいる、自臭症(じしゅうしょう)というものがあります。

自臭症(じしゅうしょう)とは周りの人から、くさいと思われているのではないか?と思い込む精神疾患のひとつです。

自己臭症(じこしゅうしょう)または自己臭恐怖症(じこしゅうきょうふしょう)とも呼ばれています。

自己錯覚ともいえるもので、嗅覚に幻覚が出るという表現があう幻嗅の一種です。

完璧主義者的な人などがなりやすいといわれていて、治療は主に面談での面接療法が用いられます。

実際に口臭(または体臭も含む)を発しているわけではないので、周囲の人に迷惑をかけているわけではない、と自覚させる精神的な治療がこの口臭対策の基本で、これから始めるようです。

口臭外来にいくのが本人的にはベストな選択肢でしょうが、実際は精神科(もしくは心療内科)での治療になるでしょう。

posted by 口臭対策室長 at 15:48 | 口臭の確認(チェック)方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。